2012年2月24日 (金)

雪化粧したローマの街

Dscf0546 先日、「ローマ2800年の歴史に学ぶ7日間」の添乗より帰国致しました。出発の3日前に確認した週間天気予報には、曇と雨マークが並んでいました。屋外の観光も多いので、雨だけは降らないでほしい…。と願いながらの出発となりました。
観光初日、午前中は予報通りの雨でした。市内の教会など巡り、お昼のレストランに入ってしばらくして窓の外を見ると、なんと雪が降っています!みるみるうちに真っ白に雪化粧していくローマの街はいつもとは違った表情を見せてくれ、「これがホワイト・クリスマスだったらロマンティックですね。」と話をしながら、私もお客様もすっかり見とれてしまいました。

Dscf7413_2 しかし、この大雪は私たち観光客だけでなく、ローマ市民にとっても想定外のものでした。幸い、私たちのツアーバスはスノータイヤだったので安心でしたが、乗用車や路線バスは備えがないので、市内は大渋滞です。通常なら5分で行けるところも30分近くかかってしまいます。
翌日から、主要な道路は除雪されていきましたが、狭い路地までは追い付かず、少し外を歩けばすぐに靴は濡れてしまい、雪道を歩きなれていない私たちは歩くのにも一苦労です。ブーツや長靴は飛ぶように売れ、私も雪に対する備えがなかったので、たまらず長靴を購入してしまいました。私が履くと魚河岸のお姉さんになってしまいますが、ローマっ子たちはこのゴム長靴さえもおしゃれに履きこなして、ローマ散歩を楽しんでいるようでした。
というのも、ローマにこれほどの大雪が降るのは20数年ぶりなのです。大人も子供も雪合戦をしたり、広場でそり滑りをしたり、思い思いの休暇を過ごしていました。(鈴木寛子)
イタリアのツアーはこちら

|

ユーラシア旅行社の西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。