2012年3月13日 (火)

カーニバル・リバティで号で楽園の島々巡り!(クルーズ)

Carnival 先日、ユーラシア旅行社、「西カリブ海4ヶ国周遊クルーズ 11日間」のツアーより帰国致しました。
ツアーは、クルーズの前後泊にマイアミ泊が入り、クルーズ中は、メキシコのコスメル島、ベリーズシティ、ホンジュラスのロアタン島、イギリス領のケイマン島の4箇所に寄港します。
今回利用した、カーニバル・リバティ号については、先月のブログにてご紹介させて頂いておりますので、私は、「各寄港地のビーチはどんなビーチ?楽しめるのかしら?」等というお声が多いので、今回訪れたビーチで、特に魅了された、メキシコのトゥルム遺跡のビーチと、マイアミ・サウスビーチをメインにご紹介致します。

Turm まず、メキシコのトゥルム遺跡のビーチの魅力はというと、遺跡とカリブ海の融合につきます。マヤの終焉の地とも言われるトゥルムは、マヤ文明末期の紀元後である1000年~1400年頃に繁栄した都市です。それまで、ジャングルの中に都市を築き上げてきたマヤの人々が、新たな地を求めて海に繰り出し、辿り着いたのがこの地トゥルム。そして、彼らはこの美しいカリブ海沿いに堅固な城壁を建て、都市を築き上げ、数百年間栄華を極めました。そんな時代を想像しながら、最後にトゥルム遺跡最大の建造物、カスティージョ(城)とカリブ海が目の前に広がると・・・。800年前のマヤの人々も同じく、この景観を望んでいたのかと思うと、様々な思いが込み上げてきます。

Miamibeach そして、カーニバル・リバティ号の発着地マイアミで最も活気のあるサウスビーチ。このビーチの特徴は、ビーチに掲げられている7色のレインボーフラッグでしょう!これは、同性愛者が多い地域に掲げられている旗で、別名「ゲイビーチ」とも呼ばれている程なのです。ガイドさんの「ビキニ姿のゲイカップルを見かけるかもしれないですよ!」という言葉に半分ドキドキしながら、砂浜を見渡してみましたが、残念ながら、この時間帯なのか?出会えませんでした。でも、ゲイビーチとは想像がつかない程、海岸の美しさはお隅付きです!今までのビーチも引けを取らない程美しいのですが、他に比べて、圧倒的に規模が大きく、受けるインパクトは絶大です。真っ白な砂浜とコバルトブルーの海が太陽の光を反射して、キラキラと輝き、目を開けていられない程の眩さ!砂浜に一歩足を踏み入れた私達は、「ワァ~!綺麗!!」と歓声を上げました。

今回は、カリブ海の島々とマイアミビーチを巡りましたが、様々な表情の海を私達に見せてくれました。どの海も、日本ではなかなか出合えないような、どこまでも遠くまで透き通る様なコバルトブルー×白い砂浜が広がっていました。一歩外に出れば、そこはまさに楽園です!リバティ号でゆったり過ごすのも一つですが、各寄港地のビーチ巡りというのも、クルーズの旅の楽しみ方の一つではないでしょうか?(井手)

クルーズツアーの一覧はこちら

|

ユーラシア旅行社の自然情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の船の旅情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。