2012年4月23日 (月)

降っても、晴れても(屋久島/日本)

Top
 先日、「世界遺産の島・屋久島、縄文杉と白谷雲水峡を歩く 4日間」より戻りました。山桜は終わりかけでしたが、新芽が屋久島の森が覆い始める頃の旅となりました。1カ月に35日雨が降る!?と言われる屋久島。確かに、ガイドブックなどで目にする屋久島は、いつも霧が立ち込めている神秘の森。しかしながら、今回は4日間丸々好天に恵まれ、本来の姿とはすこし違う屋久島の旅となりました。

Water さて、今回、私が特に感動したのが、屋久島の「水」です。屋久島でのハイキングの際に、リュックに用意するお水は500mlのペットボトル1本でOK!往復10時間かかる縄文杉トレッキングも然りです。屋久島の森の中には至る所に水場があり、その全てが清水!しかも、その硬度は一桁台という、超軟水。口に含めば甘くやわらかく、体をやさしくさらっと流れていき、一度口にしてしまおうものならば、ペットボトルの水さえも不味く感じてしまうほどです。白谷雲水峡のハイキングの際、ガイドさんが何度も何度も「雨の屋久島の姿を見て欲しかったなぁ…」と残念がっていましたが、木漏れ日の差す清々しい森の中を歩き、喉が渇けば、美味しい水がそこにある…こんな贅沢を味わってしまっては、「晴れの屋久島」支持に回らざるを得ません。

Taikoiwa 屋久島は、しばしば、雨によって創られている島だと言われます。それは、森の中を歩けば明白で、植物たちがその理由を物語っています。屋久島は花崗岩の隆起によってできた島。本来なら、岩に木々は育ちませんが、十分すぎるほど降り注ぐ雨によって苔がよく育ち、水分をしっかり含んだ苔が苗床となり、植物を育んでいるのです。しかし、苔はシンプルに光と水によって光合成を行うのみ。栄養分はほとんどありません。その為、微生物やそれに連なる虫達も少なく、うれしい限りのクリーンな森を歩くことが出来ます。屋久島が特異な島であることは、ひとつひとつの要素が十分に証明しながら、しっかりと結び付いており、そしてその元をたどると必ず「雨」の存在があります。だからこそ、ガイドさんは口を揃えて、景色としてではなく、雨の屋久島を強く訴えていたのかもしれません。

 天気のいい日も、悪い日も。もう一歩踏み込んでその地の風土を知ることで、違う楽しみ方ができる。そんなことを改めて教えてくれた島でした。(弥永)

屋久島のツアーはこちら

|

ユーラシア旅行社のハイキング情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。