2012年4月20日 (金)

春爛漫・ギリシャ花便り

4月のギリシャ、ハナズオウと菜の花先日、ユーラシア旅行社創立25周年謝恩特別企画『古代ギリシャ遺跡と奇岩メテオラ修道院 8日間』より帰国しました。
温暖な地中海性気候のギリシャでは、2月にはアーモンドや野花が咲き始め、
4月にはハナズオウの華やかな木々が眩しいほどに咲き誇ります。

この冬はヨーロッパの各地が例年より寒かったようで、春の訪れがいつもより少し遅いのでは?と懸念されましたが、ギリシャでは花の便りは例年通り、ちょうど私たちが滞在している頃に一気に暖かくなったおかげか、各地でいろいろな花が見頃でした。

ギリシャ、オシオス・ルカス修道院ギリシャには固有の植物も多く、一つ一つの名前を尋ねるのは難しいのですが、日本でもよく見かける菜の花や、野菊、アネモネのような「変身神話」をもつ儚い花、エニシダ、ハナズオウ、オレンジの花(街路のオレンジは年中食べない実がなっているので、目でも鼻でも楽しめる!)そのほか様々な色が、村や山辺、遺跡をにぎわしていましています。

今回の旅行中、特に天気がよく、いろいろなお花が楽しめたのが、
デルフィの古代遺跡と、近郊のオシオス・ルカス修道院を訪ねた日です。
2つの世界遺産とも、今がまさに花盛り!ギリシャ、デルフィのアポロン聖域
ちょうど、聖週間中の旅行だったこともあり、ビザンツの美しいモザイクで有名なオシオスルカスでは、中世の小ぢんまりとした教会の傍で
ミサを終えた家族連れが庭でのんびりとくつろぐ様子や、人里は慣れた修道院ならではの周囲の鮮やかな緑が印象的でした。

デルフィの古代遺跡は、行く度に花の種類が変わって、3月でも5月でもまた違った印象を与えてくれるのですが
今回は紫色の花も咲き乱れ、糸杉やオリーブ、月桂樹やフェンネル(もどき?)とのコントラストはすばらしいの一言に尽きました。

ギリシャ、デルフィのアテネ聖域2500年前のギリシャ世界の人々にとって、絶対的な予言を受けられたデルフィの地は、最も信仰を集めた聖地でした。
政治の行く末から個人の縁談まで、様々な道を示したデルフィは今も神々しく感じます。

信託を授ける巫女はいなくなってしまいましたが、
現代のデルフィは、
ヨーロッパ、世界中から観光客がやってきます。

花にあふれ、温暖な気候、のんびりとした優しい町の人に愛されているここの地には、たくさんの野良猫も暮らしています。
甘い春の香りに包まれて、やわらかな日差しを浴びていると、遺跡のそこここで堂々とくつろぐ猫たちの姿に、思わずにんまりしてしまったのは、どうやら私だけではなかったようです。
(山岸)

ギリシャツアーの魅力はこちら

|

世界のお花・紅葉情報」カテゴリの記事

西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。