2012年5月31日 (木)

ペルーアンデスの雄大な自然と歴史・文化(クスコ~プーノ)

先日、ユーラシア旅行社の「ペルー、マチュピチュ・ナスカ・チチカカ湖と聖なる谷」のツアーより帰国いたしました。

 ペルーといえば何と言ってもご存知マチュピチュ遺跡!も

ちろんこのコースでもご案内します。しかも遺跡観光の拠点となるマチュピチPhotoュ村(旧名アグアス・カリエンテス)に2泊して2日間に渡ってじっくり空中都市をご堪能いただけます。それ以外にも、謎の地上絵ナスカ、浮島で有名なチチカカ湖...10日間でインカ帝国の謎に迫って行く盛りだくさんのコースとなっています。

 今回は一般的なペルーのコースでは訪れることの少ないプーノ(チチカカ湖観光の拠点)までの1日をご紹介しましょう。

 7日目の早朝、標高約3400mのインカの都であり、世界遺産にも登録されているクスコを出発して行きます。アンデス山脈が連なる標高の高い地域。この日はツアー最高地点を通過します。深呼吸、ゆっくり行動すること、大きな声を出さないこと、水分補給などを心がけて、バスは2手に別れた東アンデスと西アンデスの間にできたアンデス高原を走ります。

 車窓からは半自給自足の生活をするケチュア族、アイマラ族の村々。父は畑に出かけ、民族衣装を着た母が家を守り、子供たちは無邪気に遊ぶ、素朴な生活は今でも変わらないのでしょう。
 そうこうしている間にバスは知らず知らず標高を上げています。辺りは木の育たない草原。空気も乾燥しており山々がくっきり美しい。

そしてクスコを出発して約4時間、ツアー最高地点4335mのラ・ラヤ峠に到着。バスを降りるとなんだか空気が薄く感じられるような...。東には白い雪を抱いた5489mのチンボイヤ山、標高4335mの看板で写真撮影。いずれにせよ、はしゃぐのは禁物です。ここを最高地点に徐々に高度を下げて行きます。と言ってもまだまだ3500m以上はあります。
 
 プーノの手前1時間のところに、インカ以前より墓地として使われていたと言われるシュスタニがあります。信仰対象とされた太陽に近く、水場(ウマヨ湖)もあることでここが選ばれたそう。もちろんミイラも発見されています。内臓などを取り出して故意にミイラ化させたエジプトのミイラと違い、埋葬方法とその土地の環境が偶然重なり、きれいな状態のミイラが出来上がったとか。不思議です。

 そしてクスコから約9時間、ペルー南部、ボリビアとの国境近くプーノの町に到着します。 チチカカ湖の観Photo_2光はボートに乗って行きます。ウロス島と呼ばれるトトラの葦で作った浮島に上陸。テレビ番組でも度々紹介され、若い役者さんや某珍獣ハンターものこ浮島に泊まったりしています。上陸してみると確かに何から何まで葦!小舟も家もベッドも遊び場のバレーボールのコートまでも。葦の上にさらに盛り土をして畑や花壇も作っています。学校や病院、宿などもあることにびっくり。今では観光客ビジネスも盛んになっていますが、まだまだ農業、漁業、物々交換などが主体です。 葦と共に生きる生活は我々にとっては不便な面が目に付きますが、当の本人達はいたって幸せそう。

 ボートでプーノのホテルに戻り、長い一日が終わりました。ツアー終盤かつ標高も高い1日ということで通常の観光に比べ疲れ易いのは否めませんが、アンデスの雄大な自然と歴史・文化を存分に堪能できる、大満足の一日だと思います。(篠原)

|

中南米情報」カテゴリの記事

世界の文化情報」カテゴリの記事

世界の歴史情報」カテゴリの記事

世界の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。