2012年8月10日 (金)

国が変われば、相撲も変わる(モンゴル)

Top 先日、「ナーダム祭に行く!騎馬民族の国、モンゴル周遊」より帰国しました。ナーダム祭は、モンゴルの独立記念日にあたる、7月11日から3日間に渡って開催されます。ナーダムとは、「遊戯」という意味で、競馬、相撲、弓射の3競技が行われます。ウランバートルで開かれるナーダムは、国が主催するもので、テレビやラジオでも随時放送されるため、各地方から腕自慢たちが集います。本日は、個人的に最も印象深かった、モンゴル相撲をご紹介したいと思います。

Stadium モンゴル相撲は、3競技の中でも最も人気があり、ナーダムのメインイベントといっても過言ではありません。競馬や弓射競技は、性別や年齢(馬の)などのカテゴリーがありますが、相撲では512人の選手によるトーナメント方式で勝ち抜き戦が行われます。そのため、勝者はひとり。勝てば一夜で国民的英雄となります。モンゴルには、日本の大相撲のようなプロの世界はありませんが、ナーダムで一度優勝すると、日本でいう「大関」、二度優勝すると、「横綱」に相当する称号が与えられます。ちなみに、横綱・白鵬のお父さんは、六度も優勝を飾った大横綱だそうです。

 ナーダムの開会式直後の初戦では、独特のユニフォームを着た選手達が遠くでコロコロやっているなぁ~とぼんやり眺めていた程度でしたが、さすがに決勝戦ともなると、見応え十分!夕食後のレストランのテレビを借りて、地元の人々と一緒になって、その勝敗の行方を見守っていました。

Tv_2 しかし、モンゴル相撲は日本の相撲とは異なり、土俵もなければ、「時間いっぱい」もなく、取り組みが始まったかと思いきや、技がうまくかからないとぱっと体を外し、監督(?)と相談して、また組み合って…の延々繰り返し。日本の相撲に慣れている私たちは、次第にジリジリジリジリ…。40分経過したところでついに痺れを切らし、バスに乗り込んでしまいました。そんな私たちを見て、ガイドさんが「モンゴルには時間がたっぷりありますから」と笑っていました。所変われば品変わる、大草原の国の相撲を通して、改めて実感したのでした。(弥永)

モンゴルのツアーはこちら

|

ユーラシア旅行社のお祭情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の中国・モンゴル情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。