2012年8月20日 (月)

天山山脈の懐!絶景ルートを駆け抜けて。(キルギス~新疆)

この度、「天山の懐深く、カザフ・キルギスとウイグル自治区 13日間」のツアーから帰国致しました。
このコースは中国のシルクロードの一つである新疆にある天山北路から、カザフスタン・キルギスへ入り、玄奘三蔵も眼にしたイシククル湖に立ち寄った後、一路トルガルト峠へと続く絶景ルートを走り抜け、再び新疆はカシュガルへ到達する3カ国の旅となります。

1



本日は、前回訪れたときにはあいにく雲がかかっており、絶景ルートの中、雪山を目にすることが叶わなかったトルガルト峠までの道のりをご紹介致します。

トルガルト峠はキルギスの南側で中国の新疆と国境を接する標高3,752mの峠です。

この日はキルギスのナリンの町を出るとすぐに周りを山で囲まれていきます。天山山脈の奥深くへバスを走らせることになります。この辺りの山脈は

1_3

全て天山山脈の支脈です。まずは見えてくるのはアトバシ山脈とアトバシ川。山から流れてくる雪解け水を蓄えて流れるアトバシ川は周りの緑とは一味違い、澄んだ青色をしていました。このアトバシ川は今朝出発したナリンの町を流れるナリン川へ注ぎ、ウズベキスタン方向へと流れていきます。そこでシルダリア川に合流し、アラル海へと注いでいく源流なのです。

その後はどこからでも天山山脈の支脈の雪山が見え隠れし、まるで私達と併走しているようにいつまでも横たわっています。
途中でアザミの葉が生い茂る丘を登り写真撮影をしたり、景色が良く空気の澄んだ場所で山を眺めながら青空トイレをしたり、キルギスで3番目に大きな湖チャテルクリ湖(標高が高いことから“屋根の湖”の意がある)を横目に通り、そうこうしているうちにキルギス側の国境へ到着しましたが、この日は人っ子一人おらず静かな出国審査場でしたので、すんなりと通過することが出来ました。さらにバスを進めていくと緑も少なくなり山肌が見えるようになります。バスは更に標高を上げ、キルギス国境から20分ほどで、本日の最高地点で実際の国境となっているトルガルト峠に到着となります。

1_4

ダイナミックな顔を覗かせる天山の懐を満喫できるルートに大満足のドライブとなりました。(篠原)

中央アジアのツアーはこちら

|

ユーラシア旅行社のアジア情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。