2012年8月29日 (水)

チベット仏教三大聖湖ヤムドク湖での出会い~チベット犬~

先日、ユーラシア旅行社の青海チベット鉄道大周遊のツアーより帰国致しました。
青海省の自然や青海チベット鉄道の車窓から眺めた大陸の大自然、チベット仏教の総本山・ジョカン寺のあるラサの観光など、チベットの見どころ満載のツアーでした。
その中で私が一番気になったのは、標高4770mのカンパ・ラ(ラは峠という意味)。眼下には、標高4440mのところにある、トルコブルーのヤムドク湖。ラサから約100キロほど離れた場所にあるこの湖は、チベット三大聖湖の一つで、チベットのイメージ映像に使われたり、結婚式の写真を撮影するカップルも多く居る場所です。

訪れた日はお天気も良く、湖の青が更に深く、青く輝いていました。さて、この場所でアイドル並の人気を誇っているのが、チベット犬です。超大型犬で体重は100kgにもなります。かのチンギスハーンも征西をするときに引き連れていたと言われています。また、非常に高い身体能力から、トラとも対峙することができるという話もあります。そんなチベット犬は、現在、中国の富裕層にも非常に人気があるそうで、一頭で大体100万元(1500万円 1元=15円)もする高額犬なのであります。見た目は、ライオンのような鬣を持っていることが非常に多く、一見するとおとなしそうに見えます。

カンパ・ラからヤムドク湖を見下ろすことの出来るビューポイントには、何頭ものチベット犬がいます。中国国内からやってきた観光客の人々も我先にと写真を撮る順番を待っています。その列の先には、首に飾りをつけ、おとなしくチョコンと座っているチベット犬がいて、これがまた可愛いのです。そんな姿を見ると、トラと対峙するというのが信じられないくらいです。
ちょっとブサイクだけど、可愛いチベット犬が気になって仕方ありませんでした。(つは)

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。