2012年10月 1日 (月)

【共通テーマデー】私のお気に入りの一冊~『世界で一番空気と水のきれいな島 タスマニア』~

Tasmania 9月下旬からようやく、過ごしやすい気候になりましたね。食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋と言われる季節が到来しますが、皆様はどの秋になりそうですか。私は例年食欲の秋でしたが、今年はスポーツの秋にしたいと切に願っております。

さて、今月の共通テーマは「私のお気に入りの一冊」。世の中にはたくさんの書籍がありますが、私のお気に入りは、「世界で一番空気と水のきれいな島 タスマニア」というタイトルの本です。プライベートで3回ほどタスマニアへ行っている私ですが、ひょんなことから、この本を執筆された方ともお目にかかることが出来て、私にとっては宝物の1つとなりました。

タスマニア島の紹介後、紀行文のようになっているこの本は、バックパッカーでタスマニアを訪れる方の大切な旅のお供となりますし、ツアーや個人で旅行に行かれている方にとっても、貴重な旅情報が詰まっております。本に記載されている通りに旅をするのも楽しいですし、気になる所だけピックアップして回る旅も醍醐味があり、これからタスマニアに行かれる方にも読んで頂きたい一冊ですが、既にタスマニアに行かれた方にも、ぜひ、ぜひ、読んで頂きたいです。
読みながら、ご自身のタスマニア旅行の思い出話に花を咲かせるのも楽しいのではないかと思います。

私がこの本を読む時、それは、どことなく、タスマニアが恋しくなり始めた時です。足を運んだ場所の記事を読むと、心が温かくなり、思わず読みながら、「うん、うん」とうなずいてしまいますし、まだ行った事がない場所の記事を読む際には、行ってみたいという願望故か、吸い込まれるように読み入ってしまいます。

タスマニア島という場所に出会い、場所・人に魅了され、私にとってかけがえのない場所になったからこそ、この本にも目が留まり、とても大切な本になったのだと思うと、人生、いつ・どこで、素敵な縁にお目にかかれるか、分からないものですね。まだ見ぬ4回目のタスマニア訪問、今から待ち遠しくてなりません。(成田)

→タスマニアへのご旅行はこちら

【共通テーマデー「私のお気に入りの一冊】
〔パゴダのくにからミンガラバー編〕『美術(超シロウト的)鑑賞ノート』

〔倶楽部ユーラシア編〕『池上彰と考える、仏教って何ですか?』

|

世界の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。