2012年11月 1日 (木)

【共通テーマ】いつかはここで新年を迎えたい(モロッコ)

Sunrise早いもので今年も残り2ヶ月となりました。
年末年始を海外で過ごされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

新年といえばやはり初日の出。
私の憧れは、しーんと静まりかえった広大なサハラ砂漠で初日の出を見ることです。
世界最大のサハラ砂漠は北アフリカの数ヶ国にまたがっていますが、モクモクした砂丘が広がっているモロッコのメルズーガ大砂丘はまさに日の出鑑賞にぴったりです。

http://eurasia-blog.cocolog-nifty.com/romanesque/2012/11/post-7b11.htmlAuberge メルズーガは砂漠の入口の町エルフードから、4WDで約1時間ほどの距離にある砂漠の町です。砂漠ながら、シャワーや冷暖房の設備の整ったオーベルジュというプチホテルが点在していて、一歩敷地の外に出れば、そこにはサハラ砂漠が広がっています。
モロッコ南部でよく見られる土壁で作られたベルベル人のカスバ風の外観に、雰囲気のあるエキゾチックな内装が旅の気分を盛り上げてくれます。
また、夜には満点の星空も眺めてみたいです。

まだ暗いうちにオーベルジュを出発し、砂丘に登って日が昇るのを待ちます。だんだんと空がピンク色に染まり、やがて真っ黒だった砂漠のうねりがオレンジ色に染まっていく様はとても美しく感動的です。この朝日を浴びれば、生まれ変わったような新たな気持ちで1年を始められそうな気がします。(大木)

モロッコツアーの魅力はこちら


【共通テーマデー】「いつかはここで新年を迎えたい」
◆[倶楽部ユーラシア編] チベット
◆[ぶらり秘境探検隊編] 南の島
◆[ろまねすく通信編] 初日の出を一番最初に拝める場所

|

中近東・北アフリカ情報」カテゴリの記事

世界の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。