2013年4月18日 (木)

足が速くなる?世界最速の秘訣はヤム芋!

Dscf0817 先日、ユーラシア旅行社の「カリブ6ヵ国、夢の楽園紀行 15日間」より帰国しました。旅はキューバから始まり、ドミニカ共和国、プエルトリコ、アンティグア&バ-ブーダ、バルバドス、ジャマイカと6つの島を巡り、各国それぞれの文化、歴史の違いに触れながら、美しいカリブ諸国を満喫して頂きました。
今回の訪問時はちょうど、スポーツのイベントで各国が盛り上がっていました。まだ記憶にも新しいWBCが開催中で、現地では大盛り上がりをみせていました。
また、ジャマイカでは、サッカのワールドカップ出場をかけた試合(ジャマイカ対パナマ)が開催されていて、夜は至る所で人々がサッカー中継放送中のテレビにかじりついていました。
Dscf0935 ジャマイカといえば、昨年のオリンピックで大活躍した短距離のウサインボルト選手の母国です。その影響で、世界最速を輩出する国として世界中から注目を集めているのです。年に一度高校生の全国陸上大会が開催されるのですが、その時には遠路はるばる日本からもスカウトマンが将来のウサインボルトを探しにやって来るそうです。
「なぜ、ジャマイカ人は足が速いのか?」
という質問を現地ガイドさんにしてみますと、「ヤム芋を食べているから」と返ってきます。
Dscf0967 現地で主食としてよく食べられているのが、このヤム芋で、味を説明するならば、さつまいもとジャガイモの間のお味です。これが現地ででてくるおかずにとってもよく合い、食がすすむのです。
このヤム芋を大好物にしているのが、ウサインボルト選手です。彼自身も様々なインタビューで速さの秘訣は「ヤム芋」だと言っているそうです。
ツアー中に初めてヤム芋が登場した時には、皆様口々に「これで足が速くなるね。」とおいしく召し上がって頂きました。
そんなジャマイカにはコーヒーの産地となるブルーマウンテン山脈や、カリブ海に流れ込む川や滝がたくさんあり、自然がとても豊かです。自然を楽しみつつ、人類最速の生まれ故郷を見に行かれてみてはいかがでしょうか?(霍間)
次期ツアー発表は6月下旬を予定しております。

|

ユーラシア旅行社の中南米情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。