2013年5月 7日 (火)

【共通テーマデー】この夏行きたい場所、オランダ・アムステルダム!

Ams先日、雅子妃殿下が11年ぶりの海外ご公務でオランダを訪れ、明るい笑顔をお見せになったのはとても印象的でしたね。今回、オランダの新国王即位式で新たに即位されたのはウィレム・アレクサンダー国王。33年間にわたり在位したベアトリックス女王の長男で、123年ぶりの男性の国王です。  

 そんな特別なイベントに沸いた今年のアムステルダムですが、観光客にとって見逃せないホットな話題がまだまだあります。

Dscn7640そう、2013年の4月、アムステルダム国立ミュージアムが約9年もの長い修復期間を終え、ついに全館リニューアルオープンしたのです!世界初の「閉館日なし、365日開館」の美術館となった、オランダ最大のミュージアム。これまでは美術館の一部・フィリップス棟にてハイライト作品約400点のみの展示でしたが、全館オープンして生まれ変わった国立ミュージアムでは中世・ルネッサンス期から20世紀までを網羅した約8000点もの展示が見学できるようになりました。

Dscf2405amsレンブラント「夜警」もこれまでのフリップス棟では狭い部屋で人に揉まれながら見ざるを得ませんでしたが、現在は本館の広い空間にゆったりと飾られ、濃いグレーの背景が絵の中の光を引き立たせているそうです。是非、この目で見てみたいものです。

もう一つの話題は、ゴッホ美術館のリニューアルオープンです。昨年より改修工事に入っていた同美術館も、新たに2013年5月に再オープンしました!こちらも内装は淡いグレーを貴重としており、ゴッホの黄色やオレンジ色が目に鮮やかな印象を与えているとか・・・。(そういえば2011年にリニューアルオープンしたパリのオルセー美術館もグレーの壁でしたが、これは最近の定番なのでしょうか?!)ゴッホの作品だけでなく、ゴーギャンやモネ、ゴッホが収集した浮世絵などもじっくりと見学したいところです。
話題満載の今年のアムステルダム、是非ともゆっくり滞在したいものです。(山崎)

【共通テーマデー】「この夏行きたい場所!」

[倶楽部ユーラシア編]レンソイスの白砂漠(ブラジル) 

[ぶらり秘境探検隊編]ハバナ(キューバ)

[ろまねすく通信編]オビエド(スペイン)

[パゴダの国からミンガラバー編]ボロブドゥール(インドネシア)

[船の旅便り編]ドナウクルーズ

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。