2013年7月18日 (木)

今年はムンク生誕150周年

 先日、ユーラシア旅行社の「北欧物語 15日間」より帰国致しました。ノルウェー、フィンランド、スウェーデン、デンマークを巡り、フィヨルドの大自然

B_2

やおいしいスモークサーモンなど、北欧の魅力を満喫してまいりました。
 今年は「叫び」で有名な画家ムンクが生まれてから150年の節目の年。ムンクゆかりの地オスロでは、ムンクにちなんだ様々なイベントが開催されていました。この記念の年に便乗して、今回のオスロ滞在ではムンクツアーに決定!オスロにあるいくつかのムンクスポットを回ってきました。

 まずは今年の夏季限定で一般公開されている、オスロ大学アウラ講堂の壁画「太陽」。ムンクの晩年の作品で、7年もの歳月をかけて作られた大作です。

B_1

ムンクの代表作「叫び」は、身近な人物の死や人生の苦しみを題材に描かれていますが、「太陽」はノルウェーの大自然にその源を得て描かれた作品であり、太陽の力強い光が壁一面に溢れています。もちろん「叫び」を観に行くことも忘れません。国立美術館には「叫び」や「マドンナ」など、ムンクの有名作品が多く展示されています。「やっぱりムンクって素晴らしい」と再確認させてくれるのがこの美術館です。自由時間には、地下鉄に乗ってムンク美術館へ。今から50年前、生誕100周年を記念して造られたこの美術館にはムンクがオスロ市に寄贈した膨大な作品が納められています。多作で知られるムンクの作品全てを観ることは難しいですが、ここにくれば相当の数見ることができ、「こんな作品も描いていたんだ」という新しい発見がたくさんありました。
 最後にムンク美術館に併設されたカフェで「叫び」という名のケーキを食べて、ホテルに戻る前に小休憩。一度見たら忘れられないあの顔がケーキにデザインされている、ムンク美術館ならではのケーキでした。ご心配なく、味は至って普通です。

>>>北欧のツアーはこちら

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。