2013年7月 8日 (月)

歩いてこそ実感できる、国立公園の美しさ

先日、ユーラシア旅行社の「歩いて感じる大自然!アメリカ西部国立公園絶景ハイキング 18日間」より帰国いたしました。イエローストーン国立公園からヨセミテ国立公園まで総移動距離約5500kmの壮大な旅です。さすがビッグアメリカ、訪れる国立公園毎に全く違う表情を見る事が出来、その手付かずの自然に毎日新たな感動を覚えました。

この旅の締めくくりとして訪れるのがヨセミテ国立公園です。こちらではグレイシャーポイントから伸びるパノラマトレイルのハイキングを行いました。パノラマトレイルは約13.7km、高低差975m程、約7時間のハイキングとやや難易度の高いコースですが、頑張って歩くだけの価値があります。

2ハーフドームを臨みながら、穏やかな草原の中を歩いていると、姫リンゴの木や可愛らしい野花を見る事ができます。またキツツキの巣穴を発見したり、鹿にも遭遇!バスで走ることのできないトレイルだからこその出会いがありました。
また丸々一日ハイキングのため、この日の昼食はお弁当なのですが、大自然の中で食べるお弁当は最高です!日本のお弁当のような豪華なおかずはありませんが、青空の下サンドウィッチや丸ごとのリンゴに豪快に噛り付くのも、アメリカに来ているのだと気分が盛り上がります。

この時期はベストシーズンともいわれる爽やかな初夏の季節、ネバダ滝の付近では水辺でくつろぐ人々の姿も見受けられました。

2_2
草原から、岩場そして滝の真横を歩くこのトレイルは、歩き終えた後の達成感も素晴らしく、旅の締めくくりには最適のトレイルです。筋肉痛も、自身の足で歩き抜いた証だと感じられます。

このツアーでは毎日がハイライト、日本では見ることのできない素晴らしい景色の連続です。あっという間に過ぎてしまった18日間でした。(坂田)

アメリカ西部国立公園ツアーの魅力はこちら

|

北米情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。