2013年8月21日 (水)

巨人の伝説と共に残る自然の驚異・ジャイアンツ・コーズウェー(ユーラシア旅行社のアイルランドツアー)

Giantscowdsway_3

先日、ユーラシア旅行社の「妖精神話の国・南北アイルランド紀行10日間」の旅より帰国しました。
アイルランドというとどちらかというと曇りがちな天気が多い場所ですが、異常気象なのか毎日好天に恵まれ、一度も傘を開くことなくアイルランドを堪能しました。

今回訪れた観光地の中で、最も印象的だったのが、北アイルランドの北海岸線にある世界遺産のジャイアンツ・コーズウェー。直訳すると「巨人の石道」という意味で、無数の石柱が海岸を埋め尽くしています。アイルランドの伝説の巨人フィン・マックールが海のかなたの巨人に戦いを挑むために作った橋と言い伝えられ、海岸沿いを歩いて行くと、海岸に無数の六角形の石柱が海の中からニョキニョキと顔を出しています。隆起によって高さの異なる石柱が並ぶ光景は、自然の不思議な力を感じずにはいられない壮大な景観です。海の中にも石柱は続いており、本当に対岸のスコットランドまで石の道が続いているのではないかという妄想も膨らみました。

Giantsboots_2

他にも崖に中腹に何本もの長い石柱が巨大なパイプオルガンのように見える「巨人のオルガン」や、海岸線にポツンとある大きな石はその形から「巨人のブーツ」と呼ばれていたりと、自然が作り上げた不思議な景観にいろいろな想像を膨らまし、見ていて飽きることがありませんでした。

ケルズの書に代表される素晴らしいケルト文化もさることながら、むき出しの岩で覆われた荒涼とした大地や断崖絶壁など自然の作り上げた壮大な景観が印象的な旅でした。(前田)

ユーラシア旅行社で行くアイルランドのツアーはこちら

|

世界の自然情報」カテゴリの記事

西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。