2013年8月 6日 (火)

夕食は、ガヴァルニー圏谷を眺めながら(ユーラシア旅行社のフランス・スペインピレネーツアー)

Gavarnie_4

先日、「絶景のピレネー山脈大満喫、花とハイキングの旅13日間」から帰国しました。フランスとスペインを別けるような感じで横たわるピレネー山脈は、まだまだ日本では注目度は低いですが、まさに絶景の宝庫です。今回のツアーでは、合計6回のハイキングをしました。ハイキングの後の充実した気分で味わう食事はとても美味しいですが、ガヴァルニー村での絶景を見ながらの食事は本当に贅沢な気分になりました。

Gavarnie_2_3 ガヴァルニー村は、ガヴァルニー圏谷(カール)を正面に望む位置にあります。私たちが3連泊したホテルは、圏谷に一番近いホテルで大変雰囲気の良い場所に建っていますが、夕食用のレストランがないため、毎晩、夕食のために同じレストランに3日間通いました。そのレストランの名前は「カスケード(滝)」。つまり、滝の見えるレストランという意味です。そのことをご一緒した皆様に告げた時、最初は面倒だな~という感じの顔をしていらっしゃいましたが、レストランの席に着いたとき、皆様あまりの絶景に歓声を上げて喜ばれていました。ホテルより高台に建っているレストランからの景色は、ちょうどヨーロッパで一番落差のあるガヴァルニー大滝を展望する一番いい場所にありました。そして、私たちの席は、その絶景を望む特等席が準備されていたのです。

ガヴァルニー圏谷

 訪れた7月中旬は、夕刻になると天候が不安定になるという天気が続いていました。食事中の約2時間は、この絶景なカールを眺めながら、霧で見えなくなったり、日が差したり、雲が発生してはなくなったりと、目まぐるしく変わりました。1回は雹が降ったこともあり、7月の珍しい天気に、レストランのスタッフも驚いていました。そんな絶景を見ながらの食事で、一緒にハイキングをした同士でお話しも盛り上がり時が立つのも忘れて美味しい食事と絶景を堪能しました。3連泊という気分的余裕があったからこそ、皆様も大変リラックスして楽しめたのだと思います。(大久保)

ユーラシア旅行社で行くフランス・ピレネーツアーはこちら

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。