2013年9月10日 (火)

大注目!クロアチア出身のイケメンアーティスト!

先日、ユーラシア旅行社「スロヴェニア・クロアチアハイライト8日間」のツアーより帰国しました。ハイシーズンを迎えている2ヶ国。街のオープンカフェでおしゃべりをしながらひと時を過ごす人々や、活気に満ちた露天で買い物を楽しむ人々など、街中が賑わいをみせていました。

Dscn1270観光地としても人気があり、お伝えしたいことは多くありますが、本日は、クロアチアの注目アーティストをご紹介します。

マキシム・ムルヴィツァ
アドリア海沿岸の美しい街シベニクで生まれたマキシムは6歳の頃に親友の家で初めてピアノに触れ、9歳で音楽学校に入学。12歳でオーケストラと共演。1991年、16歳の時にユーゴスラビア内戦が勃発。彼の住む町には毎日何千もの爆弾が落ちていたが、「生き続けなくてはいけない。自分を救う唯一の術はピアノなんだ」と、音楽学校の地下室で練習し続けその実力を伸ばしていきます。過酷な環境にも関わらず、1993年クロアチアの首都・ザグレブにて初めての本格的なコンクールで優勝。一番戦火の激しかった地域からの出場者が優勝したことに会場の誰もが驚きを隠せなかったそうです。
2004年4月、日本をはじめアジア各地でのツアーを敢行し、各国・地域で4千人規模の会場をファンが埋め尽くしました。2011年には2度目の日本ツアーも開催され、世界を舞台に活躍を続けるピアニストです。

2CELLOS
クロアチア出身のルカ・スーリッチとステファン・ハウザーの2人の実力派チェリストによるユニット。チェロ2本でYouTube上にマイケル・ジャクソンの“スムーズ・クリミナル”を楽器が破壊寸前の情熱的なプレイで演奏した動画が評判を呼び、僅か3週間で300万回再生に到達し、世界中からデビューのオファーが殺到。その半年後には世界の音楽シーンへと躍り出ました。甘いマスクと確かな実力から、日本でも大人気の2人!テレビ番組や携帯CMにも出演していて、今後が期待される若手アーティストです。

Empire_state_building_21遺跡・都市・建築物・自然遺産・食べもの・お土産…。旅行の楽しみや文化の触れ方はたくさんあります。個人的にはスポーツ観戦が好きなので、選手の出身や国際試合で日本と対戦する国などは軽い気持ちで調べたりします。そう考えると、音楽もその国を知る良いきっかけになりますよね。
今度テレビでマキシムや2CELLOSを観ましたら、是非クロアチアを思い出してみて下さい。歴史に翻弄されながらも、自然や観光資源を守り抜いた素晴らしい国です。(飯野)

|

ユーラシア旅行社の中欧・東欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。