2013年9月18日 (水)

雨季の今だからこそ!下から見上げるエンジェルフォール(ベネズエラ)

先日、ユーラシア旅行社の「ゆったりギアナ高地大周遊 10日間」より帰国致しました。
この時期は雨季で水量の多いベストシーズン。雨期と言っても、終日振ることはなくお天気に恵まれた10日間でした。雨が降った翌日に訪れた、エンジェルフォールは世界最高にふさわしい勢いのある姿を見ることが出来ました。

今回のツアーのハイライトは、何と言っても水量の多い今だけ訪れることが出来るエンジェルフォールを見上げる展望台です。この展望台があるラトンシート島までは、カナイマの村からカラオ川を遡っていきます。この川は水位が浅い為、乾季だと船が入ることが出来ません。雨期の今だからこそ訪れることが出来るポイントです!

1_2早朝、まだ夜も明けぬうちにロッジを出発しボートにて上流を目指します。朝靄の中に浮かび上がるテプイ群のシルエットはいつまでも見ていたい美しさです。
約4時間時間弱、ボートで移動した後いよいよラトンシート島へ到着です。展望台までは上陸後2時間ほどジャングルの中を進みます。歩きにくい道を抜けると…目の前にはエンジェルフォールが!!感動の瞬間です。

2
展望台と言っても大きな岩があるだけの場所ですが、ここに寝そべり見上げるエンジェルフォールの姿は格別で、時間をかけて来たかいがあると実感できます。雲の動きで見え隠れする頂上は非常に遠く、東京タワー三個分というのも納得。いつまでも眺めていたくなる美しさです。
疲れも吹き飛ぶエンジェルフォールの雄大な姿を見ると、せっかくギアナ高地まできたからには、やはり自分の足で歩いて展望台まで行くのが良いなと改めて感じた旅となりました。(坂田)

ユーラシア旅行社のギアナ高地ツアーの魅力はこちら

|

ユーラシア旅行社の中南米情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。