2013年9月 5日 (木)

緑の魔境に赤い川(ユーラシア旅行社で行くベネズエラツアー)

世界最大落差979メートルのエンジェルフォール先日、ユーラシア旅行社の「緑の魔境ギアナ高地とテプイの懐深く 9日間」の添乗より帰国致しました。現在雨季真っ只中のギアナ高地。水量の増した川を遡り、無事ラトンシート島に上陸し、そこから1時間ほど歩いた展望台にもご案内することが出来ました。

さて、岩の茶色、空の青、そして真ん中には天使の羽衣のように白いエンジェルフォール。とても美しい光景ですが、この滝の水に実は赤茶色い色がついていることをご存知ですか?

タンニンの赤が独特なカナイマラグーンエンジェルフォールに向かう川の茶色い水。カナイマラグーンの白浜に寄せては返す茶色い水。ホテルで蛇口をひねっても茶色い水。どれも汚いわけではありません。これらは、ジャングルの枯れた植物・動物の死骸が微生物によって分解されタンニンという物質になり、卓状台地に降り注ぐ雨に溶け込んだためです。色はついていますが、水質はとても澄んでいます。また、このタンニンには美肌効果もあるのです。
タンニンが作り出す独特の景観は他にもあります。カナイマラグーンをクルーズしていると、水面に大量の泡が浮いていることに驚きます。ガイドさんは「これは水質汚染ではないですよ!」と声を大にしました。川の水が滝になりラグーンに流れ落ちた際に、タンニンが撹拌され泡立つそうです。まるで泡風呂のようで幻想的な光景でした。
太古の卓状台地がそびえる緑の魔境・ギアナ高地の光景が、赤い川、泡だらけのラグーンにより一層現実離れした光景になっていました。 (尾崎)

ユーラシア旅行社で行くギアナ高地の魅力はこちら

|

中南米情報」カテゴリの記事

世界の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。