2013年10月18日 (金)

オーロラの下で歓喜の声!(ユーラシア旅行社で行く秋のスウェーデン・ノルウェー)

169月中旬より、ユーラシア旅行社の「秋色に染まるアビスコ国立公園とロフォーテン諸島を歩く9日間」のツアーより帰国しました。
アビスコ国立公園はスウェーデンにある北極圏(ラップランド)の植生豊かな国立公園、そしてロフォーテン諸島は、世界一美しい風景と称されるノルウェーの世界遺産です。毎日ハイライトの中進むのですが、私たちユーラシアのツアーが挑んだ挑戦は、7日間の宿泊中、6回の「オーロラ鑑賞」です。

Photo今回のユーラシア旅行社のツアーは「歩く」ことがメイン。まるで絵筆が一筆で染め上げたような、黄色、赤色の紅葉の中、北極圏でハイキングを楽しみました。詳しくは添乗見聞録、「黄金色に染まるアビスコ国立公園を歩く」をご覧下さい。しかしながら、今回の裏のハイライトは密かに期待していた「オーロラ鑑賞」。

 

  北欧(北極圏)の秋は、少しずつ日が短くなり、6時~7時頃には暗くなります。そして真11_3
っ暗になるのは、22時過ぎ。オーロラ鑑賞のメッカはカナダ・イエローナイフ、白銀の山々が美しいアラスカでしょうか。しかしそれらの国々は出現率は高いですが、冬はマイナス30度。防寒具なしでは過ごせません。それに代わり、北欧の秋は日中20度、夜は0~5度程度。暖かくはないですが、日本の冬服で鑑賞できるのも魅力です。ホッカイロを貼って、マフラーを巻いて、帽子を被って、手袋をつけて、完全防寒具で出発した身体は、興奮からか、汗ばんでしまったぐらいでした。

さて、ツアーの初日、アビスコ国立公園の観光を終えて夕食に舌鼓を打ち、再集合。ツアーのお客様と、こんなにすぐに出現したらバチがあたるよね、と会話しながら22時頃オーロラに挑みにホテルを出発。

すると・・・

 

10空に白い線が見えています。誰かが「オーロラだ!」と叫びました。その後、まるで生きているような白いスジが、ゆらゆらと揺れながら動いていきます。次々に現れては消えるオーロラ。薄い白から碧色、ピンク色など光の天体ショー。興奮が冷めやらず、お客様と一緒に叫び続けてしまいました。そこにも!あそこにも!そんな美しき羽衣のショーは、1時間半続きました。寒さも忘れて、空を見上げ続けました。気温は6度だったようです。
 アビスコ国立公園はホテルの周辺には明かりもなく、オーロラ鑑賞にも最適です。

興奮も冷めやらぬ翌日、空を見上げ続けた代償として、首が筋肉痛になった事も、今では良い思い出です。翌朝、ホテルのスタッフが親指を立てて、「YOU ARE SO LUCKY!(あなた方はとても幸運ね)」と。(坂岸)

ユーラシア旅行社で行くオーロラ鑑賞ツアーはこちら

|

ユーラシア旅行社のお花・紅葉情報」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社のハイキング情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。