2013年11月 1日 (金)

【共通テーマデー】私の好きな小村~マルサシュロック~(ユーラシア旅行社で行くマルタ島ツアー)

マルサシュロックの港 今回のテーマは私の好きな小村。街ではなく小村。考えに考えた結果、私のお気に入りの小村は、マルタ島にあるマルサシュロックです。ちょっと訪れるだけでも存分に楽しめる村です。
マルサシュロックは、マルタの漁港として有名な村で、港にはマルタの伝統的な船“ルッツ”が並びます。マルサシュロックとは、港を意味するアラビア語の「marsa」と南東の地中海風を意味するマルタ語の「xlokk」が由来とされます。かつてはオスマントルコやナポレオン率いるフランス軍に侵攻されたり、近年ではアメリカのブッシュ元大統領と旧ソ連のゴルバチョフによる米ソ首脳会談(マルタ会談)が開かれた港でもありました。
マルタ伝統の船ルッツの目 現在、マルサシュロックを訪れると、マルタ島ならではの美しく真っ青な海がまず目に入ります。そして、港に浮かぶ、青・赤・黄色の装飾が施されたカラフルで可愛らしいルッツは、風景に彩りを添え、訪れるものを和ませてくれます。よく見ると、それぞれの船の船首には、目が描かれていて、悪天候や災害などから船を守ってくれると信じられているそうです。見ているうちに、その目に愛着すら感じてしまいます。お気に入りの船を探してみるのも楽しいものです。
散策後は、ランチへ。港沿いにはレストランが沢山建ち並びます。港と言えば、なんと言ってもシーフード料理。新鮮で美味しいシーフード料理に、思わず顔がほころんでしまいます。
また、天候にもよりますが、港には、露店も建ち並びます。名物マルタバスのおもちゃや、帽子、アクセサリーなど、小物が並びます。マルタのお土産探しにはもってこいです。
短時間でも十分に満喫できるマルサシュロック。大都市とは違った素朴な風景は、私のお気に入りです。(河合宏)

ユーラシア旅行社で行くマルタ島ツアーの魅力はこちら


<その他共通テーマブログ>

|

ユーラシア旅行社の西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。