2013年12月20日 (金)

2013年新登録世界遺産「ケルソネソス遺跡」(ユーラシア旅行社で行くウクライナ、モルドバ、ベラルーシツアー)

3 先日、ウクライナ、モルドバ、ベラルーシのツアーより帰国いたしました。黄葉の時期に各都市を巡り、通常のツアーでは、なかなか訪れることが少ない、西ウクライナの美しい町を巡るツアーでございました。
今回は、2013年に新世界遺産に登録されましたばかりの「ケルソネソス遺跡」のご紹介をしたいと思います。
ケルソネソス遺跡は、ウクライナのクリミア半島の海岸線に位置している遺跡です。紀元前5世紀に海からやってきた、ギリシャ人が町を築き上げたのが始まりです。
2 他の国に点在する古代遺跡同様、ギリシャ時代、ローマ時代等…地層を掘れば掘るほど古い時代の建造物や物が出土され、考古学者たちにとっては非常に魅力的な土地となっています。実はこの遺跡はまだ、全体の13%しか発掘されていないので、現在発掘調査を続けている最中です。
かつては交易の拠点として栄え、多くの人々が住んでいました。劇場では、約700人の収容が出来る規模のものでございます。また、ローマ時代のコインの鋳造所も地下に埋まっていたものを掘り出し、かつての時代を髣髴させる状態で残り、また美しいモザイクなども残っています。
美しい海岸と、白く聳え立つ円柱のコントラストが美しい「ケルソネソス遺跡」ギリシャ遺跡やローマ遺跡がお好きな方は、是非新世界遺産へ、足を踏み入れてみてください!(霍間)

|

中欧・東欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。