2013年12月10日 (火)

心躍るフィレンツェの街歩き(ユーラシア旅行社で行くイタリアツアー)

フィレンツェ ツアー 先日、「フィレンツェ芸術三昧とトスカーナの休日」より帰国しました。このツアーの醍醐味、それはフィレンツェの街の中心のホテルになんと4連泊して、花の都をたっぷりと観光することです。
実は10年振りに訪れたフィレンツェ。花の聖母マリア大聖堂のドームが目に飛び込んできた瞬間、胸が一気に高鳴りました。たとえ何度訪れたとしても、この光景には魅せられてしまいます。なんというか、フィレンツェの街は、まるで青春の輝きのようなオーラを発しているように思えるのです。ルネサンスの天才たちが残した芸術作品が、建築が、町並みが何百年経ってもそのまま残されているのは、世界広しといえどもフィレンツェの他にはないでしょう。石畳の石ころ一つ一つさえ愛しく思えます。今回も世界中からの観光客でフィレンツェの街は溢れていました。特に経済力をつけはじめた中欧諸国からのお客様が増えているのが印象的でした。
フィレンツェ ツアー さて、ここで宝石箱のようなフィレンツェを観光するのにお得な「フィレンツェカード」についてご紹介しましょう。このカードは、72ユーロで、72時間、つまり3日日間の間、フィレンツェの美術館・博物館など約80か所を観光できるというものです。しかも、予約なしで入場できるという優れもの。人気のウフィッツィ美術館などは、何百人待ちのいうのも珍しくありませんが、このカードさえあれば、長い行列を尻目にさっと入れるので、時間が限られた観光客にとっては大変ありがたいカードです。
今回ご案内させて頂いたツアーには、特典としてフィレンツェカードが付いておりましたので、特に終日自由時間の日に大活躍しました。大混雑のアカデミア美術館や、ジョットの鐘楼、ドームに登る際も、カードをピッと通すだけ。待ち時間がない分、3か所は余分に観光できると思います。72ユーロといえば日本円で1万円近くしますが、その価値は十分にあるといえるでしょう。しかもこのカード、トラムやバスも乗り放題なのです。
うららかな秋の日、フィレンツェカードを片手に久しぶりの花の都を歩き、今度は母を連れてきてあげたいなあと思いました。(大西)

ユーラシア旅行社で行くイタリアツアー一覧はこちら

|

西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。