2014年1月14日 (火)

メキシコのお盆、死者の日(ユーラシア旅行社で行くメキシコツアー)

ユーラシア旅行社で行くメキシコツアー

先日、ユーラシア旅行社の「メキシコ古代文明とカンクンの休日 10日間」より帰国致しました。

今回のツアーでは、テオティワカン遺跡などメソアメリカの遺跡が盛りだくさんのメキシコの観光地に加え、死者の日の様子を見学してきました。

11月2日にメキシコシティ到着後、まずは郊外の町ミスキックへと向かいます。

メキシコの死者の日は毎年11月1日と2日に行われるイベントです。1日は子供の霊が、2日には大人の霊が戻る日と言われており、お供え物もチョコレートのようなお菓子からお酒などへと変わっていきます。

死者の霊が戻ってきて、現世の人が迎えるという点では日本のお盆に似たものではありますが、死を悲しむのではなく、逆に陽気に騒ごうというラテンらしいお祭りです。

訪れた墓地はマリーゴールドの香りが溢れ、たくさんの花で鮮やかに飾られており、とても墓地とは思えない雰囲気が漂っていました。

お客様は驚きながらもたくさんの写真を撮影されていました。

またこの時期はオフレンダと呼ばれる祭壇が設置され、故人の遺影や、砂糖で作られたガイコツなどが飾られます。このオフレンダは墓地のみではなく、街の中心広場であるソカロにも大々的に設置され、人々はこのオフレンダを見にソカロへと足を運び、街はいつも以上に賑わいます。

ユーラシア旅行社で行くメキシコツアー

死者の日で一番有名なのは、ガイコツの貴婦人「カトリーナ」。教会の側ではこのカトリーナに扮した地元の人が写真撮影に興じていました。また子供たちもそれぞれの仮装や顔にペイントを施し、お菓子を入れてもらう小さな籠をもって、死者の日を楽しんでいました。

日本でもメキシコのように「故人がこの世に未練が残らないように、お葬式やお盆は明るく騒ぐのが良い」という説もあります。

言葉や文化は違っても、死者に対する思いには共通するところがあるのだな、と改めて感じました。 (吉川)

ユーラシア旅行社で行くメキシコツアーはこちら

|

中南米情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。