2014年3月 4日 (火)

【共通テーマデー】緑が美しい風景 ~ガリラヤ湖畔~ (ユーラシア旅行社で行くイスラエルツアー)

イスラエルツアー、イスラエル旅行 今年は久しぶりの大雪に見舞われ、2月は家でゆっくりお過ごしになられた方も多かったのではないでしょうか。3月に入り、少しずつではございますが、春の暖かさが感じられ、外出されるのに適した季節となってきました。
同じく中東イスラエルでも、春を迎えます。中東というと砂漠のイメージからか、1年中暖かい国と思われがちですが、中東の中でもイスラエルは、日本と同じような周期で季節も変化していきます。特に今年の冬はイスラエルも大寒波に襲われ、寒さ厳しい冬を迎えました。そして3月、イスラエルでは各地で野花が咲き乱れるとともに、春の訪れを告げます。国土の6割を砂漠が占めるイスラエルですが、北部に入ると景色は一変し、緑の生い茂る水の豊かな地域もあり、これからの時期は美しい緑の風景がご覧いただけます。
イスラエルツアー、イスラエル旅行 特にお勧めは、イスラエル北東部に位置する国内最大の淡水湖“ガリラヤ湖”です。海抜約-213mと、湖としては死海に次ぐ海抜の低さ。大きさは南北約21km、東西約12km、面積約166平方km。水深は最大で約43mに達する、イスラエルが誇る湖です。
またガリラヤ湖は、新約聖書の舞台としても知られ、かのイエス・キリストが布教活動を行った地とされます。5切れのパンと2匹の魚を大量に増やした奇跡、嵐をしずめた奇跡、湖上を歩く奇跡など、イエスは数々の奇跡をガリラヤ湖周辺で起こしたといわれています。今でもガリラヤ湖周辺には、イエスゆかりの地が多く残ります。
中でも、イエスが弟子達に説教を行った場所(山上の垂訓教会)は、ガリラヤ湖を見下ろす丘の上にあり、現在も丘の上からは美しい風景がご覧いただけます。太陽の光で輝くガリラヤ湖と白とグレーのツートンカラーの教会。そして教会の周りは庭園になっていて、青々とした木々に囲まれる風景は、さらに美しいコントラストを生み出してくれます。心が洗われるような美しさです。
三宗教の聖地エルサレムだけではなく、ガリラヤ湖の他、地中海に面した港町ハイファ、オアシスの町エリコなど、緑豊かな自然の風景もあわせ持つイスラエル。人々の心を心身ともに癒してくれる魅力的な国です。(河合宏)
イスラエルツアーの魅力はこちら

ユーラシア旅行社のその他共通テーマブログもご覧ください。

|

中近東・北アフリカ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。