2014年3月26日 (水)

世界で一番熱い夜、リオのカーニバル(ユーラシア旅行社で行く、ブラジルツアー)

Photo 先日、ユーラシア旅行社の「リオのカーニバル本選!南米四大自然、絶景紀行 18日間」より帰国致しました。ツアーはアルゼンチン南部のパタゴニアから始まり、大迫力のイグアスの滝、アマゾン川、そして最後はギアナ高地に至るまで、18日間で代表的な南米の大自然を巡る、スケールの大きなツアーです。旅のメインは何と言っても、世界最大の祭典、リオのカーニバル。街中、いや、ブラジル中の人々が、一年に一度のこの瞬間を心待ちにし、カーニバル期間中は国中が熱狂の渦に包まれます!今日は私が体験した、リオのカーニバルをご紹介します。

Photo_2 リオのカーニバルには優勝グループを決める「本選」が二日間、そして本選で上位に入賞したグループがお披露目として行う「チャンピオンパレード」の二つがありますが、私たちが観戦したのは本選の二日目。現地の人曰く、この「本選」と「チャンピオンパレード」では出場者の本気度も、観客席の熱気も興奮も比べものにならないそうです。
「出場者のほとんどがスラム街出身。山車の総額は1チームあたり数億円にもなるため、優勝したチームに送られる高額の賞金が次の年のカーニバルの勝敗を決めることもある。でもそれ以上に優勝したグループには国中から称賛の目が注がれる。だからこそ、本選は出場チームだけでなく、観客のリオっこも注目する真剣勝負なのよ!」と言うガイドさんの言葉が印象的でした。

Photo_3 夜9時、煌々と照らし出されたサンボドロームの上空に花火が打ち上げられ、歓声とともに、いよいよ2014年のリオのカーニバルがスタート。宇宙、おもちゃ箱、自然、サッカー、F1等、チームごとに設定されたテーマに沿って、カラー、衣装、山車、そして演出にも個性が溢れ、終始目が釘付けでした。そして途中、この日が誕生日のジーコが特別ゲストとして山車に乗って登場すると、会場は大盛り上がり。中でも私が1番驚いたのは、大音量のサンバのリズムや歌はすべて生演奏であるという事でした。1チームの持ち時間は約90分、その間休むことなく笑顔で、リズムを刻み、歌い、踊り続けるのです!出場者のエネルギーとカーニバルにかける情熱が、しっかりと観客席にいた私にも届きました。大地が揺れ動きそうな程のステップとサンバミュージックそして会場が割れんばかりの歓声に包まれ、世界で一番熱いリオのカーニバルの興奮は朝まで消えることはありませんでした。(三橋)

ユーラシア旅行社で行くブラジルツアーはこちら

|

世界のお祭り情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。