2014年4月16日 (水)

花盛り!4月の韓国 (ユーラシア旅行社で行く 韓国)

ユーラシア旅行社で行く4/2発「韓国九大世界文化遺産を訪ねて7日間」の添乗に行って参りました。 出発した日は、日本の関東地方ではすでに桜が満開の頃でした。Blog_7 私たちのツアー第一日目に訪れる京都とほぼ同緯度の韓国南部の釜山・慶州でも桜が満開で、 その様子を釜山から慶州への移動途中のバス車窓から見たとき、社内で小さな歓声が上がりました。今年は何十年かに一度のことで、福島と同緯度の韓国北部ソウルでも、桜が満開を迎えていました。通常、ソウルの桜の開花は4月中旬なのですが、南部と同じ時期に桜が開花するのは非常に珍しい出来事だったそうです。

私たちが古都・京都や角館の武家屋敷といった風情溢れる家屋のなかで咲く桜を愛でるように、韓国の情緒溢れる瓦屋根の伝統家屋や寺社仏閣の境内で咲く桜は非常に美しかったです。桜だけではなく、お寺の敷地には、見事な大輪の木蓮やコブシの花に、ゴールデンシャワーのようなレンギョウの黄色にも目を奪われました。Blg_2 標高の高いところでは、桜の開花前でしたが、梅の花がいま咲いていました。 慶州には23万本の桜が植えられており、桜を観光地のみならず道路沿いや湖の周りで見ることが出来ました。ちょうど宿泊していたホテルの裏の普門湖や観光で訪れる雁鴨池では夜桜を楽しむ地元の人や観光客であふれていました。ソウルでも宿泊ホテルから歩いて5分ほどの川沿いの道を歩行者天国になっていて夜桜鑑賞に家族連れや会社帰りの人、若いカップルなど多くの人が訪れていました。屋台もでていたりイベントをしていたりと楽しい雰囲気が漂っていました。淡いピンク色の桜を眺める人の顔は、皆桜のようにほっこりした良い笑顔でした。嬉しそうな人の顔、素晴らしい風景、奥深い歴史と楽しい春の韓国ツアーになりました。

>>>ユーラシア旅行社でいく韓国のツアーはこちら

|

ユーラシア旅行社のお花・紅葉情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。