2014年4月 7日 (月)

沿岸急行船に乗ってどこまでも!(ユーラシア旅行社で行くオーロラツアー)

4_2 先日、ユーラシア旅行社の「世界で最も美しい航路に5連泊!ゆったりオーロラ鑑賞クルーズ 11日間」より帰国しました。ツアータイトルを見ただけでは一体何処の国を訪れるのか判る方は少ないかと。
さて、このツアーの正体は?!その答えは北欧ノルウェー。北はキルケネスから南はベルゲンまでの約2400km。西海岸をフッティルーテン(沿岸急行船)に乗って5泊6日のクルーズ旅行。その昔、氷河が削り取った険しい断崖や複雑に深く入り込んだフィヨルド。この厳しい自然環境は海岸沿岸に住む人々にとって決して住むに楽なものではありませんでした。物資を運ぶ為、沿岸住民の足となる為に作られた海の道。百年以上も前から運航しているこの定期船は、今ではその荒々しくも美しい景色が世界で最も美しい航路と知られるようになり世界中から沢山の観光客が集まる航路になったのです。そしてこの時期(冬季)、国土の三分の一は北極圏にあたるノルウェーはオーロラベルトに位置していることもあり晴れていればオーロラを見て頂ける可能性もあるのです。メキシコ湾流の影響で-20度、-30度などという極寒の中オーロラを待つ必要もありませんし、船上にいるので街の灯りはなく、360°遮るものもなしの海上でのオーロラ観測。クルーズとオーロラ鑑賞。何とも贅沢この上ないツアーなのです。

38_2 キルケネスから始まった船の旅。小さな港に大きなトロルフィヨルド号を見たときの興奮!!乗船するや否やテンションは上昇、早速のレストランでそれは最高潮に。なんとも豪華なビュッフェ。色とりどりの野菜に果物。魚やトナカイの肉。それら新鮮で豊富な食材は各港で仕入れたもの。毎日運航の定期船ならではの食事で毎回お腹も心も満たされました。続いて船内を散策しました。図書室やジムにサウナ、船上デッキにはジャグジーも!北極圏の雪降る中、海上でジャグジーなんて最高じゃありませんか。またバーやカフェ、パノラマデッキなど公共の場のくつろぎスペースは広くどこでも自由きままに過ごして頂けます。今流行りの観光目的の豪華客船ではないので船内のエンターテイメント等が沢山あるわけではないのですが、この世界一の美しい航路にはもともと必要ないのです。景色が一番の見どころなのですから。ですが景観が美しいだけでもありません。行程中、32の港に寄港しながら南下しますが、その町や都市も人口2千人程の漁村からかつてのノルウェーの古都トロンハイムなど町や港の様子も様々。30分も時間があれば少し降りて町の雰囲気を実際歩いて感じていただく事も出来ます。冬のこの時期、まだ雪の積もった町は寒々しく人っ子一人見かけないこともありますが、観光地ではない本来の顔を見る事が出来るのも魅力の一つです。

8_2 ノルウェーの旅は夏がベストシーズンとも言われます。確かに緑が豊かで断崖からは無数の滝が流れ落ち、のどかな牧草地が広がる風景。北欧の大自然の神秘、白夜などその魅力は計り知れません。ですが、ノルウェーは同じ場所でも夏とは全く違った冬ならではの風景をお楽しみ頂ける場所です。寒いノルウェーに大満足の旅。「寒い国は寒い時期に」 !(岩間)

ユーラシア旅行社で行くオーロラツアーはこちら

|

ユーラシア旅行社の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。