2014年5月15日 (木)

おのぼりさんも常連さんも、自由気ままにロンドンを楽しむ旅

 この度、ユーラシア旅行社の「ロンドンの小粋な休日7日間」より帰国しました。
 このコースでは、前半の1日半で現地ガイドとともに主な観光をし、後半の2日半で自由気ままに滞在を楽しめるというコースです。

Photo

 イギリスは物価が高く、楽しんだ分だけお金がかかるというイメージがありますが、実は工夫次第ではとてもお得にロンドン滞在を過ごせるんです。なんと!芸術好きにはたまらないナショナルギャラリーやコートールドギャラリーなど、多くの美術館が入場無料なのです。一般的には美術館観光は、さらっと代表的な作品だけを見て終わってしまう事が多いですが、時間がたっぷりあるので、開館から閉館までたっぷり楽しめます。何度出入りしても入場無料なので、お昼を食べに外に出る事もできますし、一日で足りなければ翌日もまた来る事ができます。
 今回、私がお客様と過ごした一日をご紹介します。
 朝、9時にホテルを出発。地下鉄を利用してまずはセントポール寺院へ行きました。
 550段の階段を頑張って登るとロンドン塔やビッグベン、ロンドンアイなど、ロンドンの街が一望でき、感動的です。途中、275段上ったところにあるドームの付け根部分にあたる「ウイスパリング・ギャラリー」でちょっと休憩。ここで壁に向かって小さな声で話したら、ドームの反対側にいる人にまで聞こえました。不思議な体験でした。地下墓地や内部の装飾も見応え十分。お勧めのスポットです。
 次はセントポール寺院の目の前のバス停からバスに乗ってバッキンガム宮殿へ移動。
 ロンドンの名物でもある赤いバスはあちこちで目にします。このツアーでは、中心部の地下鉄・バスが乗り放題の券がついているので、移動する度にチケットを買う事もなく、本当に地元の人のように公共交通機関を利用できました。
 私は地下鉄よりも景色が見えるバスでの移動が好きです。5分以上乗るなら絶対に2階の席がお勧め!。高い位置からの街の眺めは抜群。メインストリートを走れば有名な建物やモニュメントなど見えて、まるで観光バスに乗っている気分で楽しめます。目的地が見えたら下車すればいいし、もし乗り過ごしたら次で降りて戻る事ができるので気分も楽です。
 バッキンガム宮殿は11:30からの衛兵交代見学が目的です。

Photo_2

 見学にお勧めの場所はなんと言っても宮殿の目の前!騎馬隊や音楽隊が行進するルートはいくつかありますが、はやり宮殿前で交代するところを見たいですよね?まずは宮殿前の柵のところでスタンバイ。隊が近付いてきたら周りの人々がざわざわして行進する隊の方に向かって行きますが、我慢してギリギリまでその場所をキープしましょう。行進が来たらちょっとだけその場を離れ人だかりの後ろから手を高く上に伸ばして写真撮影。ある程度写真を撮ったらすぐに同じ場所に戻ります。この時、戻るのが遅いとせっかくキープした柵の場所が他の人に取られてしまうので要注意。そして衛兵が交代するところをちゃんと見たい人、写真をしっかり撮りたい人は周りの人の動きを見て素早く動く必要があります。
 衛兵交代見学の後は、パブレストランでランチを食べました。パブと言ってもお酒を飲むだけでなく、おいしい食事を楽しめるお店は沢山あります。ランチタイムなどはお勧めメニューの看板がお店の前に出ているので、値段も事前に分かって気軽に入れますよ。イギリスの食事は量が多いのでいくつかオーダーしてみんなで取り分けて食べるのも経済的です。
 ランチ後はナショナルギャラリーや大英博物館など、それぞれの興味合わせて見学しました。そして、夕方再び合流してテムズ川沿いにある観覧車「ロンドンアイ」に乗りました。ちょうど陽が傾いてきた頃です。テムズ川やビッグベンがキラキラ輝いていてとても綺麗でした。

テムズ川の夜景

夕食はテムズ川沿いの船型レストランで頂きました。ディナークルーズはちょっと高価ですが、この船型レストランは、景色は変わらないけれどクルーズをしている気分でお食事ができます。値段は普通のレストランと変わらないのでとってもお得です。暗くなったらロンドンアイのライトアップも綺麗でした。
 食事の後はビッグベンやロンドンアイなどライトップを見ながらテムズ川沿いを歩いて帰りました。朝から夜までたっぷりロンドンを満喫して、充実感とお得感でいっぱいの一日でした。(関根)

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。