2014年7月31日 (木)

山あり、海あり、ワインあり!北イタリアに恋して(ユーラシア旅行社で行くドロミテツアー)

 先日、ユーラシア旅行社の「ドロミテ、湖水地方とリヴィエラの真珠チンクエテッレ~アオスタ・チェルビニア編~ 12日間」のツアーのより帰国しました。今回の旅では残念ながら、ドロミテ地方やチェルビニアでは曇りだったため、モンブランやマッターホルンの山頂を眺めることはできませんでした。ただ、7月にも関わらず雪がちらつく展望台に立った時は、神々しい山の厳しさを実感し、貴重な経験となりました。一方、海側では気温35度になることもあり、リゾート気分満点!船や列車での移動は窓から目が離せませんでした。

ドロミテ旅行,ドロミテツアー

 さて、北イタリアというとイタリアン・アルプスということで、山のイメージが強いかと思いますが、見所はそれだけではありません!実は、海・湖・食・歴史的な街と様々魅力があるのです。
 なんといっても注目は、2014年新世界遺産として登録されたばかりの「ピエモンテの葡萄畑の景観:ランゲ・ロエロ・モンフェッラート」です。トリノを州都とするピエモンテ州の南部は、トスカーナと並ぶイタリア屈指の高級ワイン産地で、見渡す限りのブドウ畑が続く丘陵地帯があります。バローロやバルバレスコといった質の高いワインは世界的に有名で、ご存知の方も多いでしょう。ツアーでは、「イタリアワインの王様」と言われるバローロを生み出す、バローロ村に立ち寄りました。目抜き通りにはエノテカ(ワインショップ)が並び、試飲もできるというまさにワイン天国。ブドウ畑の見えるレストランでバローロワインを使ったリゾットを食す瞬間は、まさに至福の時です。

ドロミテ旅行,ドロミテツアー

 そして世界のお金持ちが集うという別荘地ポルトフィーノや、歴史あるリゾートホテルが建ち並ぶサンタ・マルゲリータ・リグレでは、イタリアの休日を肌で感じることができました。サンタ・マルゲリータ・リグレはジェノヴァの有力貴族の一つフィエスキ家の領地として発展し、サルディニア王国に組み込まれた中世からの歴史あるリゾート地です。浜辺で日光浴をしたり、オープンカフェで話し込む人々という、バカンス命のイタリアらしい風景とたくさん出会いました。また、ポルトフィーノの教会では結婚式の飾りつけもあり、家族が集うバカンスシーズであることを実感するとともに、どんなセレブなんだろう?と思わず考えてしましました。

ドロミテ旅行,ドロミテツアー

 魅力尽きないイタリアと言いますが、北イタリアの旅はそのことを再認識させてくれます。イタリア人のバカンスのように一ヶ月…とまではいきませんが、毎年でも通いたくなる私の大好きな場所です。(坂田)

|

ユーラシア旅行社の西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。