2014年8月29日 (金)

今人気のホットな観光地、地獄の門で「アチチッー!」体験 (ユーラシア旅行社で行く地獄の門ツアー)

地獄の門ツアー・地獄の門旅行

先日、ユーラシア旅行社の「地獄の門とトルクメニスタン周遊」のツアーより帰国しました。
トルクメニスタンは中央アジアの西部にある国です。国土の約85%はカラクム砂漠が占めています。
この砂漠は、実は「お宝の山」。トルクメニスタンの経済を支える天然ガスのガス田です。
今回の旅行のハイライト、「地獄の門」は、もともとはガス埋蔵調査が原因で作られたガスクレーターなのです。

この「地獄の門」はカラクム砂漠のほぼ真ん中に位置するダルヴァザにあります。トルクメニスタンの旧ソ連時代に行われたガス調査の際に事故があり、噴出するガスが有毒であったため、1971年火を点けたと言われています。すでに43年間もの間、燃え続けていて、この先、どれだけ燃えるのかは不明です。

さて、ツアーではカラクム砂漠を北から走り、バスから4WDに乗り継いで地獄の門に辿り着きました。砂漠の道を揺られながら走ると、地平線にオレンジ色の明かりが見えてきました。近づくと、地面から口を開いたクレーターが煌々と燃えていました。夜闇に浮かび上がる不思議な光景です。

車を降りて近づくと、体全体で炎の温度を感じます。火口付近は、あまりの熱さで近づけません。2mほど離れたところで、クレーターを眺めていると、風が吹いてきました。火口から吹き上げる熱風です。その熱さに、思わず「アチチーッ!」と声を出してしまいました。

煌々と燃える迫力もさることながら、直接体感する温度も大迫力です。どんなに熱いとわかっていても近づかずにはいられない。地獄の門にはそんな魅力がありました。
思い出すと、また地獄体験をしに、トルクメニスタンに行きたくなってきました。(斎藤さ)

|

ユーラシア旅行社の自然情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。