2015年3月25日 (水)

ボリビアの隠れたチョコレート名店

Photo_3

先日、ユーラシア旅行社添乗員同行ツアー「雨季のウユニ塩湖とパタゴニア、イグアスの滝大周遊 15日間」より帰国しました。せっかく地球の裏側南米まで行くのなら、見所を一気に回りたい!そんな方に是非お勧めしたい、人気ツアーです。

今回取り上げたいのは今話題のウユニ塩湖!ではなく、ウユニ塩湖のあるボリビアの知られざる世界遺産の町スクレです。そして、声を大にして言いたいのは、「ボリビアの魅力は、ウユニだけじゃない!」ということです。Photo_4

ボリビアは、非常に多様性のある国で魅力ある町がたくさんあります。首都ラパスは鉢状になっている町で、世界で最も高い所に位置する国際線の離発着する空港があります。標高約6000mのイリマニ山等、いくつもの高い山が見え、ここがアンデス地方であることを実感させてくれる都市です。第二の都市サンタクルスは、標高が約400mで年間を通して常夏の気温。近くに大きな川が流れているので湿気も多く、まるでアマゾンにいるかのような緑が豊かな町です。ボリビア国内でこれだけの標高差があり、動物や、植物など多種多様なものが生息しています。

そんな中で、今回は、私が個人的にも好きな町スクレに訪れました。スクレは、ボリビアの憲法上の首都であり、世界文化遺産に登録されている小さな町です。かつて、銀の生産で巨大な都市となったポトシから南に約160キロ離れた町で、銀の集積地として栄えました。スペインから独立する際にここで独立の調印式が行われ、また南米初の大学もここで出来た非常に歴史のある町なのです。町全体の建物は、白い壁でできており、まるで南ヨーロッパの美しい町に迷い込んだかのような錯覚を覚えます。それもそのはず、スペイン人が入植して創り上げた街で、今でもその古い街並みを守る為、歴史地区の建物は、白く塗ることが義務付けられているのです。Photo_5

ツアーでは、通常パラドールサンタマリアというホテルに滞在します。このホテルは18世紀の貴族の館を改装したホテルで、客室はいずれも細部に凝った調度品や家具が置かれ、エレガントなインテリアで飾られた、趣深い建物です。町の中心の広場からも歩いて5分ほどの位置にある為、町歩きするにも便利なホテルでお客様にもとても喜ばれました。

スクレで、是非、訪れて頂きたいのが、「PARA TI」という有名なチョコレートのお店です。ボリビアでは少し高級なチョコレート屋さんなのですが、健康食として日本でも有名になっている食材キヌア入りのチョコレートや、かわいらしい形の果物入りのチョコレートまで様々なものが売られています。

スクレの町では、ゆっくりと滞在する時間があったので、皆様このお店に足を運ばれ、お土産を買ったり、特製のチョコレートドリンクを飲んだり、歴史ある教会を眺めたり、思い思いに散策されていました。

 

ウユニ塩湖で今とても人気の観光地ボリビア。是非、ウユニ塩湖から少し足を延ばして、スクレの町や他のボリビアの都市にも訪れてみてはいかがですか?(霍間)

ユーラシア旅行社で行くボリビア、ウユニ塩湖ツアーの魅力

|

中南米情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。