2015年6月 5日 (金)

世界一ロマンティックな恋のトンネルへ行ってきました!(ウクライナ)

17

 先日、ユーラシア旅行社企画「恋のトンネルも訪れるウクライナ・モルドバ・ベラルーシ9日間」の添乗より帰国しました。日本ではあまり知られていない国々ですが、現地では情勢で混乱した様子も見られず、青空の下で趣のあるお城や町の散策を楽しむことができました。また、車窓からは一面に広がる菜の花畑やブドウ畑など牧歌的な雰囲気も漂っていて素朴な人々の暮らしも垣間見ました。

Photo
 さて、今回のツアーの目玉は絶景で話題の恋のトンネルを訪問することです。狭い道を通り、やっと見つけたラブトンネルという看板の先を進むと・・・左右に伸びる線路を発見!恋のトンネルにやっと辿り着きました。元々は繊維版工場が使用していた全長3kmの貨物線でしたが、その周りに蔓が生い茂り、あたかもトンネルの様になっています。現在、貨物列車は1日に1本から3本程出ているとのことでしたが、いつ通るのか、そして何本通るのかなどは誰にも分かりません。私たちが到着した日は1本も通っていないとのことで、列車は来ないのでは・・・?と諦めかけていました。しかし、バスに戻ろうとしていたその時、汽笛と共に緑のトンネルをゆっくりと走ってくる列車の姿が!幸運なことにその日1本だけ通った列車に遭遇することができ、お客様と一緒に歓声をあげて喜びました。
10
 また、恋のトンネルにはカップルが手を繋いで歩けば二人は永遠に結ばれるというジンクスがあります。その為、我々が訪れた日も地元からは勿論ですがロシアなどの近隣の国から来た3組の恋人たちが手を繋いで線路上を歩く姿が見られ、温かい気持ちになりました。トンネルには太陽の光が差し込み神秘的な雰囲気も漂っていて世界一ロマンティックと言われるのにも納得でした。世界中で話題になり、幸せなカップルが多く生まれますように・・・そんな思いになる素敵な場所でした。(竹本)

|

ユーラシア旅行社の中欧・東欧情報」カテゴリの記事

コメント

このツアーに申し込んでいます。恋のトンネルよりも
他のものが見たくて申し込みました。
独身で結婚はもうありえないんですが、この恋のトンネルはどうやって楽しめばいいかなあ…。

投稿: まるも | 2015年6月 6日 (土) 00時17分

この度は、お申し込みを賜り、誠にありがとうございます。
先月のツアーも、幅広い年齢層の方にご参加頂きましたが、皆様お写真を様々なアングルで撮ったりとお楽しみ頂きました。
恋のトンネル以外にも、見どころ満載のツアーでございます。どうぞ、お気をつけて、いってらして下さい。

投稿: 坂田 | 2015年6月16日 (火) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。