2015年9月 9日 (水)

サンクトぺテルブルグで芸術鑑賞(ロシア)

Photo

先日、「こだわりホテルで巡るロシア、黄金の環と二大帝都」より帰国しました。
ツアーのタイトル通り、サンクトペテルブルグとモスクワでは素敵なホテルに連泊し、ゆったりと過ごすことが出来ました。素敵なホテルでくつろいだ後の観光にも気合が入ります。
ロシアといえばエルミタージュ美術館が有名ですが、私たちもたっぷり5時間の鑑賞を楽しみました。見どころもりだくさんの美術館ですが特に混雑必至のヨルダン階段は人が居なくなって瞬間を見計らっての記念撮影がおすすめです。皆様階段の中央に立ちポーズを決めて撮影を楽しみました。また、大人気のレンブラントの間を始め人気の部屋をガイドさんの案内でじっくりと鑑賞しました。
後半は自由時間とし、それぞれの興味のあるお部屋に分かれ鑑賞して頂きました。疲れた方は併設のカフェで一休みしながらショップを覗くのも楽しいでしょう。
また、2階のスペースでは、期間限定で時の人、建築家ザハ・ハディットさんの回顧展が開かれておりそちらも楽しむことが出来ました。いろいろな小さなお部屋が期間限定展示スペースとなっており、定期的に展示物が変わりますので再訪のお客様も飽きることなく自由時間目いっぱい見学を満喫されていました。
モネや、マチス・ピカソが描いた印象派の絵画の数々は現在新館に移っていますが、ツアーではこちらにもご案内シました。有名な作品が目白押しでいくら時間があっても足りないくらいです。どの絵を見てもどこかのガイドブックに載っているような名画ばかり。
エルミタージュ美術館はロシアを訪れるツアーではほぼ必ずご案内する観光地ではございますが、一点一点見て回ると1週間はかかるほどの名作揃い。ポイントを押さえたガイドさんの案内は欠かせないですね。印象派の作品も見逃せませんので、不完全燃焼にならないようにツアー日程も気にしながらツアーを探してみることをおすすめします。せっかくならじっくり観光して頂きたい!
また、ロシアといえばバレエやオペラが有名です。ツアーでは滞在中に本場のオペラかバレエを鑑賞するのですが、今回、私たちは、エルミタージュ美術館に併設されているエルミタージュ劇場でバレエ・白鳥の湖を鑑賞しました。知っているようで知らない白鳥の湖のストーリー。実は白鳥の湖のエンディングにはハッピーなものと悲劇的なものとがあります。皆様、最後まではらはらしながらの鑑賞となりました。(岡山)

|

ユーラシア旅行社の中欧・東欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。