2015年9月11日 (金)

自然を感じる景勝道路、ナショナルツーリストルートを行く(ノルウェー)

先日「北欧の優雅な休日 11日間」の添乗から帰国いたしました。日本より涼しく、さわやかな澄んだ空気はさすがエコ大国。新鮮な空気を胸いっぱい満喫しました。このツアーではフィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマークを巡りました。フィヨルド、山岳、氷河など見所沢山のツアーでした。

今回のツアーではノルウェーのナショナルツーリストルートを通り、フィヨルド地帯をバスで走行します。フィヨルド独特の曲がりくねった道が多いですが、各所に絶景が待っています。ナショナルツーリストルートとは、1990年代に始まったノルウェーの国家プロジェクトの一つで、ノルウェーの観光業を盛り上げる為に設置されたルートです。現在、国内には18本のルートがあり、道路は整備され、展望台が各所に設置されています。

Photo_6

その中でも、トロルスティーゲンという、ルートを今回は通りました。崖に突き出すように建てられた展望台から雪の残る山や九十九折の道路が山肌縫って走る絶景をご覧いただき、真横には山肌には滝が流れており、大自然を感じられました。
それもそのはず、展望台はどれだけ大自然を体感できるかなどの基準で建てられているのです。また、展望台自体もデザイン性が高く、おしゃれなモダン建築。デザインは一般公募され、デザイナー、建築家がこぞって参加するそうです。審査基準は安全性以上にデザイン性が重視され、いかに風景に合っているか、ルートごとにテーマに沿っているかを競います。

ノルウェーの車窓からの景色は山岳、フィヨルド、雪景色、小川、滝・・・など、変化に富んでいて、バス移動も楽しみの1つだと改めて思いました。(杉林)

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。