2015年12月 8日 (火)

大迫力の袋田の滝!と紅葉

P10305675_2

先日、「紅葉の滝と袋田の滝と竜神大吊橋、花貫渓谷バスツアー」へ行って参りました。皆様は、今年はどちらか紅葉を見に出掛けられましたか?このコースは、丁度、紅葉のシーズンに合わせた茨城県の紅葉三大名所を巡って行く日帰りバスツアーです。

当日は、残念ながら雨の中の出発となり移動中も雨は殆ど止むことなく、最初の観光箇所の「花貫渓谷」に到着してしまいました。しかし、歩き始めたら、雨が止んでくれたではないですか!しかも、一瞬ですが晴れ間も覗きました!天候が命の紅葉ツアーだけに有り難いものです。今年は、温暖化の影響で紅葉前線が心配されていましたが、渓谷を奥に進むにつれ、黄色、橙、紅と徐々に色づいている紅葉が目に入ってきました。特に汐見滝吊り橋では、それぞれの色味が強く、まるでパレットに絵具を落としたかのような美しい紅葉のグラデーションが広がっていました。通常は、ここで引き返してしまうツアーが多いようですが、ユーラシアの旅では、更に奥へと続く遊歩道へとご案内しました。渓谷沿いに美しく色付いた紅葉を楽しみながら散策するのは心身共に気持ちの良いものです。  そして、ハイライトである「袋田の滝」。高さ120m、幅73mを誇り、華厳の滝、那智の滝に並ぶ日本三大名瀑です。滝は4段に流れ落ちることから、別名「四度の滝」とも呼ばれています。

P10306511_3

かつて、西行法師が「四季に一度ずつ訪れてみなければ真の風趣は味わえない」と言っていたように、四季折々様々な姿を見せてくれる滝で、秋には紅葉で彩られ、冬には厳しい寒さで滝が凍結するとか。季節、天候等で水量が大きく変化する滝の為、一抹の不安を抱えながら観測台へ向かいましたが、トンネルを抜けると、ゴーッ!と。轟音と共にしぶきがかかるほどの大迫力!!私達も思わず「すご~い!!」と歓声を上げた程でした。ここ数日間降り続いた雨のお陰で、水量も増え迫力ある滝が臨めたので、この時ばかりは雨に感謝。 通常ではあまり遭遇できない圧倒的な水量の滝と美しい紅葉が印象的でした。 世界各国の黄葉も素晴らしいですが、黄色~紅色の色鮮やかな葉が重なり合い奏でる見事な紅葉が楽しめるのは、四季がはっきりしている日本ならでは。あ~、日本に生まれて良かったなぁ~。としみじみ思いました。(井手)

|

日本情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。