2015年12月18日 (金)

スイーツ大国ポルトガル(ポルトガル)

先日、北スペイン・ポルトガルのツアーより帰国しました。
サンティアゴ・デ・コンポステーラを出て、国境を越え、ポルトガルに入国してまず初めに訪れた街はヴィアナ・ド・カステロ。
カステロといえば...カステラです!
実はポルトガルはそのカステラのもとになったと言われるお菓子、パオン・デ・ローを生んだ国なんです。
パオン・デ・ローは中が半熟でとろっと甘いふんわりしたケーキのようなお菓子です。
パティスリーに入って、「パオン・デ・ロー」と言えば、大体ちゃんとこのお菓子がでてきます。
フリータイムの時に実際に美味しい美味しいと、買われている方もいらっしゃいました。
さて、カステラを生み出した国、ポルトガルですが、本当に至る所にパティスリー(甘味処)があります。探さなくても甘いものを売っているお店が街の至る所にあるのです。
パティスリーはあれどもレストランがない!!そんなこともしばしばです。
甘いものについてはなんにも心配いらないと思います。
ヴィアナ・ド・カステロを出て次に向かった街はギマランエスです。
初代ポルトガル王が生まれた、ポルトガル発祥の街です。
初代ポルトガル王が生まれたお城の跡や、最後のポルトガル王が暮らしていた館などがあります。一通りの観光を終えた後、この街でもスイーツを頂きました。その名もジェズイタ。ギマランエスのどのパティスリーにも置いてあるものです。
砂糖のペーストのようなもので薄いパイ生地を挟んだものなのですが、サクサクしていておいしいです。
日本ではなかなか味わえない味かもしれません。とにかく甘いです。
街によってはパイの間に甘い卵黄ペーストを挟むものもあるようです。

ポルトガル、ギマランエス、スイーツ

ジェズイタを買いに入ったパティスリーではたくさんの地元の人々が甘いものを食べてコーヒーを飲んだりしていました。甘いものが大好きなポルトガル人はコーヒーにもこだわります。とにかく注文の仕方にうるさいようで、カフェやパティスリーでコーヒーを注文するときにはちゃんと礼儀を持ってお店の人に話しかけます。
エスプレッソなのか、アメリカンなのか、ミルクを入れるならどれくらい入れるのか、砂糖は・・・などなど、どんな飲み方で、どんなコーヒーを飲みたいのか、ちゃんと明示する必要があるんです。最後にちゃんと、「ポル ファボール(お願いします)」というのもポイントです。
礼儀正しいポルトガル人はよく、スペイン人(特に南部)の「ウン カフェ!(コーヒー!)」なんていう荒々しいコーヒーの頼み方を批判したりしているようです。
細かいことですが、とにかく誇り高い人々なんですね。
さて、話がずれましたがポルトガル2日目、この日はポルトの観光です。見所満点のポルトの街を歩きまわって、お腹も空いてきたところでレストランにてランチです。美味しいイカの煮物がでました。ここで出たデザートは、普通のチョコレートケーキと、やはり皆様ここはポートワインを試されていらっしゃいました。ドウロ川沿いのレストランで皆様楽しそうに、ポートワインを飲まれていて、ほろ酔い気分が伝染してしまいそうでした。
ご機嫌でポルトを出て向かう次の町は、アヴェイロです。水の都アヴェイロ。
ポルトガルのヴェニス、なんて呼ばれている、街中に水路が張り巡らされている素敵な街です。さて、アヴェイロといえば・・・知る人ぞ知る、オボシュ・モレシュです。
なんだそれはとお思いでしょう。これもスイーツなのです。
ポルトガル語で、柔らかい卵という意味のお菓子で、こんな形をしています。

ポルトガル,アヴェイロ,スイーツ

日本でいう、最中のようなもので、薄皮のなかにはあま~~い卵黄ペーストが入っています。本当に濃厚な卵感です。
なんとパティスリーにはこの卵黄クリームだけ置いてあったりします。
薄皮なしでとにかく中のクリームばかり食べたい人のため・・・なんでしょうか。
このオボシュ・モレシュもまた、日本ではちょっと味わえない、この地ならではのスイーツなんです。
リスボン在住のドライバーさんも、リスボンで待っているご家族の為に大量に買い込んでいました。ちなみにドライバーさんは上述の街でもそれぞれたくさんお菓子を買い込んでいるにも関わらず、その後立ち寄った街々でも更に、ご当地スイーツを買い漁っていました。
さて、その後も、大学都市コインブラではコンフェイト(元祖こんぺいとう)。
オビドスではチョコレートでできたカップにはいったチェリーのリキュール、ジンジーニャ。
リスボンではエッグタルト・・・と、続々魅力的なスイーツに出会いました。
どれも非常においしいのですが、果たしてポルトガルの人々はこんなにも甘いものばかり食べていて、糖尿病になったりしないのか・・・?
そんな疑問がお客様からもちらほら。私自身も気になりました。
なんとなくドライバーさんにそのことを尋ねてみると・・・
「ポルトガル人は勤勉で、よく働くからそんな病気などにはかからない」と、はっきり言われてしまいました。
「ポルトガルの男達は、ポルトガルのたくさんのスイーツのように甘いんだよ」そんなことも言っていました。
腑に落ちない答えしか返ってきませんでしたが、まあ、そういうことにしておこうと、そう思いました。(留置)

|

ユーラシア旅行社の西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。