« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

絶好のロケーションで鑑賞する、バリ伝統のケチャダンス

 先日、「芸術の島バリと歴史遺産の宝庫ジャワ島7日間」の添乗より帰国しました。インドネシアというと多様な民族、文化が入り混じり、華やかな文化が発展している国ですが、中でも必見はバリ島で行われるケチャダンスです。ケチャダンスはバリ島の各所で行われていますが、このツアーでは岬に立つウルワトゥ寺院にてご覧頂きました。ギリシャ劇場のような半円形の客席からは、舞台の先のインド洋に夕日が沈んでいく様子が見えます。。
 ケチャのルーツであるサンヒャンという舞踊は元々バリの部族間に伝わる儀式の踊りで、疫病、凶作、地震などの災いが起こった際に、土地を清めたり、祖先の霊に助けを求めるために行われたものです。その後20世紀に入り、“現代バリ芸術の父”とも言われるヴァルター・シュピースによって観賞用の舞踏として芸能化されていきました。
 ケチャダンス、あるいはケチャという名前の由来は、円陣を組んで胡座をかいた腰巻姿の男性たちによる「チャチャチャチャチャチャチャチャ」という声です。音程やメロディーはありませんが、数パートに分かれた男性陣が微妙に違うリズムパターンで繰り返すことで、独特なうねりのあるリズムを生み出します。その声にあわせて、インドの叙事詩「ラーマーヤナ」が演じられます。途中、重要な役割を果たすハヌマーンが客席に乱入し、観客をいじるのも一興。
 終演後、バスで会場を離れる際、スクーターで追い抜いていくのは、見覚えのある腰巻姿の男性達。ケチャダンスの演者達は地元の若者たちで、みんなそれぞれ昼間の仕事を持っているそうです。ケチャダンスの出演はボランティアで、収益はバリ島内の各寺院に寄付されるそうです。(尾崎)
ユーラシア旅行社で行くインドネシアツアーの魅力はこちら
ケチャダンス, インドネシア

| | コメント (0)

2016年5月27日 (金)

雪の積もる天山山脈と幻の不凍湖イシククル、玄奘三蔵の跡を追って(キルギス)

イシククル湖

先日、「遊牧の大地を行く、カザフ・キルギス紀行9日間」のツアーから帰国しました。案外知られていませんが、カザフスタンは世界で初めて月面着陸に成功したガガーリンが乗るボストーク1号が打ち上げられたバイコヌール宇宙基地や2017年に万博開催予定で日本人建築家・黒川紀章が設計した未来都市アスタナを首都とする国です。一方でキルギスは10万年以上存在する世界でも数少ない古代湖イシククルを擁し、実は遊牧民族の移動式住居ゲルの発祥の地でもあります。今回は、そんな注目の中央アジアの2カ国、カザフスタンとキルギスを訪れるツアーでした。

このツアーで一番印象に残っているのはその雄大な自然。万年雪を抱く天山山脈やまるで赤いカーペットを敷いているかのように一面に咲き誇るポピーの花、牧草を探しながら道路上をも移動する牛や羊の群れ、そしてコバルトブルーに輝く幻の湖イシククル。

イシククル湖と言えば中国・唐の時代、玄奘三蔵が経典を求めてインドへ出かけた際、その旅路中に訪れたことでも有名な湖です。玄奘が帰国後に記した「大唐西域記」にも大清地という名で登場しています。

イシククルとはキルギス語で熱い海という意味。塩分が強く、氷点下を下回る冬でも凍らないことからその名がつけられました。琵琶湖の約9倍の大きさを持ち、ペルーのチチカカ湖に次いで世界第2位の高山湖、ロシアのバイカル湖に次いで世界第2位の透明度を誇ります。不思議なことに、湖には周囲の山々から118もの河川が流れ込んでいるにもかかわらず、流れ出る川は1本もありません。また、海底からは様々な出土品が引き上げられ、遺跡が今でも湖の底に眠ったままになっている、なんとも浪漫溢れる湖です。

外国への旅行が禁じられていた唐の時代、禁を破りインドへの旅へ出た玄奘は、中国から標高4000mを越える天山山脈のペデル峠を越えてキルギスへ入りました。極寒の天山越えで何人もの従者や牛馬を失った玄奘が美しいイシククル湖に辿りついた時、どのように感じたのだろうかー。と思いを馳せながら、湖を眺めるのもまた浪漫。

天山山脈ペデル峠

今回は残念ながらなかなかお天気に恵まれない日々が続きましたが、思いが届いたのかイシククル湖を離れるラストチャンスの日は見事に晴天!水はまだ冷たかったですが太陽の光が暖かく、湖も一段と輝いて見えました。(日裏)

ユーラシア旅行社で行く中央アジアツアーの魅力はこちら

| | コメント (0)

2016年5月26日 (木)

食物連鎖の頂点!ネコ科最大のベンガル虎を求めて(インド・ランタンボール国立公園)

097
5月の連休に「ゴールデン・トライアングルとランタンボール 8日間」の添乗に行ってきました。今回のハイライトはベンガル虎が生息するインド西部のランタンボール国立公園。2連泊して早朝と日中、そして翌日の早朝と合計3回のサファリを楽しみました。連日40度を超すような暑さとなり、日中は熱風に吹かれながらのサファリとなりましたが、そのおかげか、国立公園の茂みや水場には待ち焦がれたベンガル虎の姿を見る事ができました!3回のサファリでベンガル虎に出会えた回数は、なんと10回!現地ガイドさんも国立公園のレンジャーも驚いてしまうほどの数です。
感激の初対面となったベンガル虎は、鬱蒼と茂る草木の中で朝食中でした。肉眼ではよく見えなかったのですが、お客様が持っていた高性能のビデオカメラには力強い顎でしっかり獲物を噛み切る様子が捉えられていました。更にサファリカーで水場を目指すと、木陰の下で若い虎カップルがお昼寝中。我々もしばらくそこに待機して、起きてくれるのを待ちましたが、さぞかし気持ちの良い場所だったようで、ピクリとも動かずすやすやと熟睡していました。私たちがそろそろホテルに戻ろうとサファリカーで走っていると、手の届きそうな距離に横たわる虎を発見!あくびをしたり、顔をぶるぶるさせたり、眠そうな目をしたり、その仕草はまるで家ネコのよう。午後に同じ虎のもとへ戻ってみると、廃墟となったモスクの下でスヤスヤお昼寝。さぞ暑かったのか、重たい身体を起こして、近くの水場に行水に出掛けて行きました。後ろ向きでゆっくり水に浸かり、ホッと一息つくその姿、まるで人間が温泉に浸かる時のようで、ちょっと笑えました。
058
ベンガル虎の成獣の体重は雄ともなると180~250㎏、雌だと100~160㎏と言われて、生物学の分野では食物連鎖の頂点に立つ「頂点捕食者」と呼ばれています。ちょっとイカつくも美しい毛皮は2つとして同じものはなく、微妙に個体ごとに異なっているという事に驚きました。またそれに反して可愛らしく見えるのは太くて短い前足。持久力はあまりありませんが、時速55キロで獲物に突進する脚力を持っています。また、ネコ科ですが、泳ぎも得意!なんとバングラデシュにはマングローブに生息するベンガル虎もいるのです。
3回目のサファリでは、公園内のゾーン2へ。ここではしばしば仔虎が目撃されているということで、私たちの期待も高まります。するとレンジャーが地面の土にベンガル虎の真新しい足跡を発見。「虎は近くにいるはずだ」という彼の言葉通り、森の茂みに目をやると、いました!木々の隙間に見え隠れするベンガル虎の姿が!音もなく静かに闊歩する姿は正に森の王者そのもの。大きな背中を追うように、後ろをちょこちょこ歩く仔虎の姿もありました!しかも3兄弟です。私たちは、この親子が次にこの道を横断するだろうと予想して、先回りして待ち伏せ。遠目からですが、レンジャーの予想通り、道を横断する親子のベストショットを撮影することができました。
219
今から約100年前にはおよそ10万頭以上だったとされるベンガル虎の生息数は、1980年代には8000頭前後(アジアからロシアにかけての13カ国)という危機的な数字になってしまいました。絶滅の危機に瀕してしまった背景には、密猟や、虎に家畜を襲われた報復として人間によって殺されてしまったり、爆発的な人口増加により野生の虎の生息地破壊が進んだりと様々な原因が挙げられます。それでもインド政府をはじめ、11ヶ国でトラ保護プログラムの元、個体数増加の為の様々な保護戦略が取られてきました。そしてその結果、嬉しいニュースが。2010年には約3200頭まで減少していた野生のトラは2016年の調査では4000頭近くまで増加していることがわかったのです。今回出逢った3頭の仔トラ兄弟も立派な成獣に育つことを期待して、そして、ランタンボールがいつまでも動物たちの楽園であるようにと願って、国立公園を後にしました。(三橋)

| | コメント (0)

2016年5月25日 (水)

「シク村」 ~ルーマニアの中のハンガリー~

シク村の民家の内装

先日、「フォークロアの郷、ルーマニア紀行 10日間」の添乗から帰国しました。共産主義の波も届かなかった田舎の村々をまわったこのツアーでは、とくにルーマニアの人々の素朴な笑顔が心に残っています。
スラヴ系民族が多い東ヨーロッパにありながら、ローマ帝国による支配という歴史的背景から東欧唯一のラテン系の人々が住む国・ルーマニア。
今回私たちが訪問したのは、ルーマニアでは少数民族であるハンガリー人が暮らす「シク村」です。10世紀頃からの入植以来約1000年の間ハンガリーとのつながりを強く持ってきたこの地方でも、とくにハンガリー文化を色濃く残すといわれているこの村では、村の方のお宅にお邪魔し、白地に赤い糸の刺繍が施されたカーテンや、同じ色彩の絵皿・家具などの伝統的な暮らしを見せていただきました。絵皿の絵付けはもちろん、今も現役の家具もすべて手作りなんだそうです。それもそのはず、実は現在、ハンガリーでもこれほどの完成度の刺しゅうができる職人はおらず、本国からの注文が絶えないという凄腕の職人の村なのです。
そんな貴重な村の伝統を見せていただいたお宅では、その前に一家の手作りの昼食をいただきました。長い移動の後に、お庭に組んだ鍋でことこと煮込んだハンガリーのシチュー“グヤーシュ”風のシチュー「ボグラチ」に舌鼓。似てはいると思っても、うっかり「グヤーシュに似ているね」なんて言ってはいけません。これは、この村だけの伝統の味なのだそう。この日ばかりはどのテーブルもお代わりが続出で「このおうちでお代わりをしないお客様はいませんよ」とにこにこしながらガイドさんが教えてくれました。村の自慢の味が大好評で、一家のおじいちゃんも満面の笑みでした。
いま、経済発展に伴い若者の都市への流出が社会問題化しているというルーマニア。しかしその流れに逆らうように、シク村のハンガリー人の若者たちは村に戻る者も多いといいます。それは気心知れた豊かな村での暮らしやすさゆえとも、ルーマニア人社会での疎外感ゆえとも言われていますが、外国人が珍しいルーマニアの奥地で共通の言葉がなくてもいっぱいの身振りとまぶしいくらいの笑顔で私たちを迎えてくれた人たちがいるこの村は、たった数時間滞在した私も離れがたくなってしまうくらい、あたたかい時間が過ごせる場所でした。
崩れそうなお天気に気を取られながらも、また来たいという思いを胸に村を後にし、旅路につきました。(松永)

| | コメント (0)

2016年5月24日 (火)

5年に一度の花の祭典、ゲントフロラリア(ベルギー)

先日、ベネルクス3国周遊 13日間のツアーから帰国しました。オランダ、ベルギー、ルクセンブルグの3カ国を訪れました。季節は日本と同じく春爛漫。オランダでは満開のチューリップ畑、フラワーパレード、ベルギーではフロラリア、ブルーベルの森など美しい景色を見て参りました。そんな季節ならではの花のイベントが目白押しのツアーでした。
中でも、ベルギーでは5年に一度の花の祭典、ゲントフロラリアへご案内。ベルギー第三の都市ゲントで開催され、2週間で30万人以上が訪れる、ヨーロッパ最大級の規模を誇ります。歴史も深く、1809年に第一回が開催され、そこから現在まで約200年間、今年は35回目の開催でした。元々はベゴニア農家の人たちが始めた小さな花の展覧会でしたが、年々大きくなり今ではヨーロッパ内外から来場者が訪れるイベントにまで成長しました。

160524

今年は町に4つの会場が設置され、それぞれにテーマがあります。一番大きな会場では、「最新トレンド」がテーマとなっており、大きなお庭を模したもの、様々なアレンジを加えられたもの、スチームや照明で異空間を表現しているものと見所満載でした。これが全て屋内の会場というから驚きです。天候に関係なく、美しい花の展示が見られるのは嬉しいポイント。フローリストが腕を振るい、植物が美しい芸術作品になっていました。また、生花を使用するため、香りを楽しめるのも一つの見所。美術館のようにじっくりと鑑賞しました。

160524_48


そして、今年は日本とベルギーの友好150周年にあたることから、日本がゲントフロラリア名誉招待国となっており、特設ブースが出来ていました。テーマも「西と東の出会い」。石川県金沢市から日本庭園、また草月流・華道家の勅使河原茜(てしがはらあかね)氏の生け花が展示されていました。海外で日本のものに触れるのは不思議な感覚。日本らしく、素材の美しさを強調するようなシンプルな展示でした。
その他会場では新しいガーデニングの展示や様々なショップがありました。両手にはガーデニングのグッツを抱えた老若男女様々な来場者が期間限定イベントを満喫しており、ヨーロッパのガーデニングの人気ぶりを垣間見た気がします。(杉林)

| | コメント (0)

2016年5月20日 (金)

幸福の国ブータンで思いがけないサプライズ

ブータン プナカ・ゾン

先日「幸福の国ブータン・ハイライト7日間」の添乗より帰国致しました。 今回のツアーでは紫色のジャカランダが綺麗に咲き誇り、晴れの日続きの観光でした。 今回のツアーでついていたのはこれだけでなく、ティンプーの観光の前日、なんと急遽訪れる観光地でお祭りが開催されるとのこと。そのお祭りはペリン・ツェチュというニンマ派の高僧ペマ・リンパの祭りで3日間開催されます。ブータンのお祭りは1年前から年間計画として日にちや場所が決まっておりますが、今回はガイドさんも直前まで知らなかったのだそうです。毎年ブータンの東側で開催されるお祭りが、今年初めてティンプーで開催されると聞き、私もお客様も予想外のイベントに期待が高まりました。開催地のクエンセルポダンの大仏に着くともうすでにかなりの人だかり。中に入る前に警備員に呼び止められセキュリティーチェックを抜けたら写真は一切禁止とのこと、折角のお祭りなのにがっかりしてると、ガイドさんから、写真が禁止ということはもしかしたら国王様が来る予定なのかもしれませんとのこと。さらに期待は高まり皆様と中に。予想は的中!!中に入った瞬間、国王専用の車が!王室の車はナンバープレートにはBhutanと書かれてありナンバーがないので一目で分かります。会場にはなんと4代目国王と5代目国王の姿が!お二人ともにこやかに、ツェチュを鑑賞していらっしゃいました。残念ながら国王様が居た為、全くもってお写真は取れませんでしたが、お客様もこんな幸運はないと大喜び、私も忘れられない思い出となりました。(竜崎)

| | コメント (0)

2016年5月19日 (木)

歴史と自然溢れるキプロス共和国

ラルナカ塩湖

 先日、キプロス共和国8日間の添乗より帰国致しました。キプロスといえばギリシャ神話の神様アフロディーテ生誕の地!そして、驚かれるかもしれませんが、約9000年の歴史があります!食べ物も美味しく、街を歩く人も穏やかで日本人に対して気さくに話しかけてくれます。今回は全行程で快晴が続き、デイジーやジャカランダの花も咲いていてキプロスを観光するにはもってこいの環境でした!

キプロスの特徴として、南と北で暮らしている民族と信仰する民族が異なります。
南はギリシャ系の人々、北はトルコ系の人々が暮らしています。
そして、南と北を行き来する際には、2004年から設定されたグリーンラインと呼ばれる境界線をパスポートを係員に見せて越える必要があります。旅行者にとっては、国境越えのようでとてもワクワクしました。
北側と南側では街の風景はさほど変わりありませんが、北側にはオスマントルコ時代のモスクが残り、南側にはギリシャ正教会や遺跡が残ります。キプロスに行くだけでギリシャの雰囲気、トルコの雰囲気、キプロスの独特の雰囲気も味わえるといったお得な気分になります!
実際に街を散策したりするだけでもここはギリシャの影響を受けている、ここはトルコだという具合にそれぞれの雰囲気を味わうことが出来ました。街中にもジャカランダの花が所々に咲いていました。

そんなキプロスで印象に残ったのは、ラルナカ塩湖でした。総面積は1585ヘクタールです。空港までの道で突然その白い塩湖は現れました。車窓からでも分かる想像以上の真っ白な光景に言葉が出ませんでした。バスを降りて塩湖を直接触れるところまで行くことができました。真っ白な塩湖が目の前に広がり、その綺麗さに圧倒されました。時期によってはフラミンゴもたくさんやってくるそうです。塩湖のそばにはイスラム教の創始者ムハンマドの親族ハラスルタンが眠るモスクもあります。
歴史も自然も堪能できた8日間でした。(山下)

ユーラシアで行くキプロスツアーはこちら

| | コメント (0)

2016年5月18日 (水)

あの名画を目の前で!(ベネルクス)

先日「ベネルクス物語15日間」の添乗より帰国致しました。

4月中旬出発のツアーであったため、各地では、花のイベントに加え、オランダではチューリップも見頃を迎えていました。 オランダ・ベルギー・ルクセンブルクの3ヵ国から成るベネルクス、小国ながら魅力に溢れた観光大国です。その中でも、人々を惹きつけているのが芸術です。
ゴッホ、レンブラント、フェルメール、ルーベンスなど、日本でも大変人気のある画家のコレクションを所有する美術館が数多くあります。絵画に興味がない方でも、必ずどこかで一度は見たことのある作品ばかり!日本でも特別展示などで、世界の有名絵画が出展していることもあり、その国に行かなくても観賞できる機会が増えています。
しかし、今回、現地の美術館で一番驚いたのが、作品との近さです。絵画の前にロープや手すりなどがなく、目の前で作品を観賞することが出来るのです。写真もフラッシュは禁止されていますが、撮影可能な美術館が多いのも日本とは異なります。

Dscn0418

多くの画家を輩出し、絵画鑑賞に慣れ親しんでいる国々であるからこそ出来ることであり、観賞する側のマナーが大前提であると感じました。
フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」やレンブラントの「テュルプ博士の解剖学講義」などを所有するデン・ハーグのマウリッツハウス美術館では、開館の1時間前に特別入場して絵画をじっくりと観賞しました。まさに名画を独り占めです!

Dscn0450

なかには「真珠の耳飾りの少女」とツーショットをお撮りしている方も!「日本に出展していた時に見たけれど、混んでいるし、遠いし、あまり見ることができなかった」「芸能人とのツーショットより貴重!」など、お客様達も大変ご満足のご様子でした。(飯野)

| | コメント (0)

2016年5月17日 (火)

エジプト・日本友好の翼でエジプトに飛んできました!(エジプト)

スフィンクスとクフ王のピラミッド

先日、「エジプト・スペシャル8日間」のツアーから帰国しました。
現在はまだエジプトへの直行便は運航休止中ですが、今回は日本からエジプト直行の特別チャーター便のツアーで行ってきました。成田と関西国際空港から多くの乗客達が集まり、ほぼ満席で日本を出発。エジプトの旅行を心待ちにしていた乗客が多く、機内はエジプトへの大きな期待感が漂っていたのが印象的でした。

夜、目的地ルクソールの空港に着陸後、タラップを降りて外気に触れると、砂漠を吹き抜けて来た生温い風が顔に当たり、砂漠の国エジプトに来たんだ、という実感がしました。空港は歓迎ムード一色です。建物の外に踏み出ると、夜遅い到着にも関わらず、民族衣装を纏った人々や子供達までが楽器や紙吹雪などで大歓迎してくれました。私達日本人の団体がこの日、空港に無事到着し、歓迎を受ける様子は地元の新聞でも取り上げられていました。
長らく観光客が遠ざかっていた為か、地元のエジプト人達が観光客が戻ってくることを待ち望んでいたことがひしひしと伝わってきました。

最も印象的だったのは、エジプトが予想以上に穏やかであったことです。街中を歩くと、壊れたままの建物は全く見当たらず、ゴミも殆ど落ちていません。むしろ社会が混乱していた名残りを探そうとしても、見付けられないくらい。観光地や博物館も荒れたままのところはなく、5年前の政治的な混乱を思い起こさせるものは何一つありませんでした。
また観光地やレストラン、ホテルのスタッフをはじめ、街中を歩いていても人々の表情がみな穏やかでした。

何気無い会話の中に、以外にも笑顔が多かったのには驚きました。
大変な混迷期が長らく続いていたので、人々も疲れ切っていて、気分も曇りがちなのかなと勝手に想像していましたが、やはりエジプト人は逞しかった!
エジプト人はみな、相変わらずホスピタリティーに溢れていて、明るい。そして人懐こさ、フレンドリーさも健在です。何よりも、普段の何気ない仕草の中に穏やかな優しさを感じました。

今回のツアーでは、クルーズ船でナイル川沿いを溯りつつ、ルクソール西岸王家の谷のツタンカーメンの墓やハトシェプスト葬祭殿、アスワンハイダム近郊のアブシンベル大神殿や有名なギザの三大ピラミッドなどエジプトのハイライトを巡ってきました。
これら4つの観光地はいつも世界中からの観光客で大混雑しているのですが、まだ本格的に観光客が戻ってきていないこともあり、どこもガラガラ。
半ば貸切りのようにゆったりじっくり観光できました。

今回の見学地の中で一番感慨深かったのは、カイロの考古学博物館でした。
騒乱の最中に他の博物館が襲われたなどと報道があって心配していたのですが、この博物館一番の見所、ツタンカーメンのマスクはしっかりと守られていました。
そして一番の人気ぶりもまだまだ健在。黄金のマスクは相変わらず多くの観光客に囲まれ、3000年前の黄金の輝きを放っていました。
(上田)

ユーラシア旅行社で行くエジプトのツアーはこちら

| | コメント (0)

2016年5月13日 (金)

ポルトガルの知られざる魅力!巨石文明と石に埋もれた町モンサント

Img_0952

先日「ポルトガル巨石文明絶景紀行 ~石に埋もれた町を見学~ 9日間」の添乗より帰国致しました。今回のツアーはいうなれば、ポルトガルの王道ツアーではなく、テーマを絞った斬新なツアー。テーマはズバリ「石」!世界遺産にも登録されているコア渓谷の先史時代の岩絵に始まり、メンヒル(立石)、ドルメン(支石墓)、クロムレック(環状列石)といった巨石記念物、そしてまるで石に埋もれているかのような村・モンサント。

巨石文明と言えば、イギリスのストーンヘンジやフランスのカルナックなどが有名で、ポルトガルの巨石記念物は影をひそめていますが、実はポルトガルにもたくさんの巨石記念物が点在しています。特に注目したいのは南部のアレンテージョ地方。この地域には小高い丘の上につくられた可愛らしい町が多く、昔ながらの雰囲気を残す町並みを堪能するために訪れる観光客が多いです。しかし、そういった町から少し道をそれて車を走らせていると、目に入ってくるのが「この先に巨石記念物がありますよ」という標識。大雑把な標識なので、本当にあるのか不安になることもありますが、実際に進んでみると、コルク林や畑、牧場のなかに異彩を放つ巨石記念物を発見。

Img_0945

一般的な観光では、通り過ぎてしまう所ですが、古代文明がお好きな方には一見の価値ありです。巨石記念物に関しては、造られた目的や方法に未だ解明されていないこともありますが、ガイドから諸説聞きながら、先史時代の人々はきっとこういう理由で、こういった方法で造ったのではないかと考えるのも興味深いものでした。

Img_0926wc

そして、もう一つのハイライトは「最もポルトガルらしい村」に選ばれたモンサント。巨大な花崗岩がゴロゴロと転がっている岩山で、その巨岩を利用した家づくりで有名な村です。街の中を歩けば巨岩を壁や屋根にした家が沢山。他では見たこともない街並みに驚きを隠せません。ポルトガルの街並みと言えば、オレンジ色の屋根に白い壁の可愛らしい街並みが多いですが、ここは可愛らしいという言葉よりたくましいと言う表現の方が合うかもしれません。今にも巨岩の屋根が転がってくるのではないかという迫力さえありました。この岩を利用して家を造るスタイルは14世紀頃から始まったそうで、夏には50℃近くなる猛暑を凌ぐのに利点があったのだそうです。一見変わった景観も、昔ながらの生活の知恵なのだなと思うと、無骨な風景も可愛らしく思えました。
最初から最後まで、一般的なツアーではなかなか訪れる機会がない見所ばかり。決して派手ではないかもしれませんが、ポルトガルの知られざる魅力をたっぷり堪能した9日間でした。(市川)

| | コメント (0)

2016年5月12日 (木)

摩訶不思議な世界を堪能!ボス展(オランダ)

先日、「没後500年・謎の天才画家ヒエロニムス・ボスの旅10日間」のツアーより帰国しました。
教会の祭壇画というと神様、天使、聖人といった宗教にまつわるものが描かれ、聖書の知識を要するもの、大きなカンバスに描かれ圧倒されるもの、神々しいものなど様々。ヒエロニムス・ボスという画家が描いた作品は、祭壇画や聖書にまつわる題材の絵がほとんど。それでも、聖書をそれほど知らなくとも人々を魅了させるのは、怖いはずの悪魔がユーモラスな姿態だったり、近未来を髣髴させるような建造物や幻想的な風景、一枚のカンバスの中にたくさんの人物と意味合いを含む場面が描かれ、好奇心を刺激し関心を引くものだからでしょう。

Bosblog3

ボスの絵を深く解読するには、宗教知識も必要ですが、ボスの生い立ちや時代背景を知ればなお深まるところが面白かったです。ヒエロニムス・ボス(本名:ヒエロニムス・アントニス・ゾーン・ファン・アーケン)は、現在のオランダ、スヘルトヘンボスの町に生まれ、そこで生き、没した。画家一家に生まれ、権威あるキリスト教団体の“聖母マリア兄弟会”に所属し、そこで聖職者に近い立場の名士であり、ミサ服のデザインやステンドグラスの制作など教会関係の仕事を請け負っていました。彼の作品がキリスト教に関係するものであるのはこのような立場であったから。ボスの生きた時代は15世紀半ばから16世紀初め。当時の世の中は、1453年にコンスタンティノープルが陥落し、東ローマ帝国が崩壊。オスマントルコの脅威が欧州に広まっており、またローマ教皇インノケンティウス8世を始め、聖職汚職、異端審問、魔女狩りが行われ、人々の間には最後の審判が下るという世紀末思想が広まっていました。ボスの絵の中には、7つの大罪(傲慢、嫉妬、憤怒、怠惰、強欲、暴食、色欲)を表わす人物描写が多いのも、時代背景と人々への戒めがこめられていることが分かります。ボス作品では遠くにある建物が燃えている背景もよく見かけます。ボスが子供の頃に町で火災があり生家が消失。その実体験が、見る人に恐怖感を与えるリアルな地獄の業火を描かせています。故郷のスヘルトヘンボスの町は、刃物や鋳物製造が盛んで楽器を生産していました。そのためにボスの絵の地獄図では、刃物や楽器が拷問器具として使われていたり、刃物の形をしたユニークな悪魔が描かれていたりしますが・・・これも郷土愛?

Bosblog1

ボスが生きた時代には、イタリアの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチやドイツの画家アルブレヒト・デューラーが活躍していました。さまざまな国の芸術家がイタリアへ渡り、イタリア絵画の技法を取り込んでいく中、その影響を受けずにボスは独自の道を進みました。スヘルトヘンボスで生涯を送ったボス。それでも所属していた聖母マリア兄弟会の人脈で、フィリップ美公(ハプスブルク家のマクシミリアン1世とブルゴーニュ公家のマリーの子)の眼にとまり、有名な「最後の審判」の制作を依頼されました。ボスが亡くなった後も、ボスファンだったスペイン王フェリペ二世によりボスの作品は様々な所有者から買い集められ、なかでも「快楽の園」は王の寝室に飾られたほどのお気に入りに。一般の人々が目にする教会内装飾から貴族、果ては王様まで魅了させたボスの作品。その後もボス作品に魅了された世界各地の人や美術館により買われ、世界中に散り散りになったボスの作品が、2016年の没後500年という節目(※生まれはハッキリしていない)に故郷に戻ったのです!!!今回の特別展は、現代においてのボスファンを熱狂させるものでした。チケットはあまりの人気で早々に完売。混雑回避の為に入場も時間制限を設け、作品を間近で鑑賞できるほど近づけるので、荷物やコート(ちょっとした薄手の羽織物でも)は絶対にクロークへという徹底ぶり。それでも、展覧会場となった北ブラバント博物館の室内すべてがボスの作品とボスの工房で制作されたもの、弟子たちの作品などボス関連作品だけの空間は、ボス独自の雰囲気を漂わせ、作品に描かれた世界観が自分の中にじんわり浸透してくるような感覚になり、まさに世界観に浸る鑑賞ができました。

Bosblog2

私的な想いをつづるようなボス自身の手紙や日記も残っておらず、ボスの情報は所属していた聖母マリア兄弟会が残した公式文書のみ。ボスは何を思って、このような可愛らしい悪魔を生み出したのか。このような可愛らしい悪魔から、ボス自身もユニークな一面も持ち合わせていたのか。何からインスピレーションを受けて、このような幻想的な天国を描いたのか・・・などなどボス作品からボス自身の人物像も考えてしまいました。謎の天才画家ボス。次にボスの作品が故郷にこうして里帰りするのは・・・500年後なのかしら。。。
ユーラシア旅行社で行くオランダツアーはこちら

| | コメント (0)

2016年5月11日 (水)

砂漠の真ん中で待ちかまえる地獄の入口へ!(トルクメニスタン)

 先日「地獄の門とトルクメニスタン周遊8日間」より帰国しました。今回のツアーはウズベキスタン自治共和国カラカルパクスタンにある“船の墓場”やツアータイトルにもなっているトルクメニスタンの“地獄の門”へ訪問するなんとも恐ろしい雰囲気が漂うツアーです。成田空港で地獄から無事に生還できるように祈っていますとお見送りの社員に見送られてスタートしたツアーですが、こうして無事に戻ってくることができホッとしております。

  “地獄の門”はトルクメニスタンの中央部に広がるカラクム砂漠の中にあります。 1971年に天然ガスの調査中の事故で、地中から毒を含むガスが噴出したので、火をつけたところ、それが延々40年以上も燃え続けているという場所です。ソ連時代の出来事の為、詳細は不明だそうです。大型バスから4WDに乗り換え5時間砂漠を疾走します。渋滞とは無縁どころか、すれ違う車もほとんどなく、広大な大地を独り占めしている感覚です。 そして、地獄の門は突如として現れます。日暮れ前に到着したため、直径70メートルの巨大な穴がぱっくり口を開いているところが確認できました。なんと穴の回りには柵は一切ありません。

トルクメニスタンツアー

 この日は、徒歩10分圏内のところに設置されたキャンプサイトでテント泊です。夜はドライバーさんがBBQをふるまってくれます。しっかり腹ごしらえをし、真っ暗な中、再び地獄の門へ。暗闇の中で見る炎は赤味が増し大迫力!また、風の向きによっては熱風を感じ、まさに地獄へ来たと錯覚します。ここはまさに唯一無二の光景に出会える場所でした。 

トルクメニスタンツアー

また、砂漠でのテント泊の醍醐味は満天の星空観賞です。地獄の門の炎と私たちの持参した懐中電灯の明かりしかない砂漠の真ん中では星と月の放つ光の明るさに驚きます。寝てしまうのがもったいない、そんなテント泊となりました。(岡山)

ユーラシア旅行社で行くトルクメニスタンの魅力はこちら

| | コメント (0)

2016年5月10日 (火)

10日間、毎日がハイライト!豊かさを実感したイタリア(イタリア)

160401sir0_35

先日、「華麗なるイタリア紀行10日間」の添乗より帰国致しました。10日間で北部ミラノから、水の都ベネツィア、ルネサンス技術発祥の地フィレンツェ、ピサ、シエナ、聖地アッシジ、首都ローマと巡る、まさに毎日がハイライトの連続。これでもか!というくらいに、イタリアが誇る美術、文化、建築、そして街並みに魅了されてしまいました。今回訪れたのは、大変有名な観光地だけあって、いずれも忘れがたい。もっと滞在したい!と思う街ばかりでした。そのような限られた日数の中でも主な都市では自由時間があり、思い思いの場所を訪れたり、食事を楽しんだりできました。

160401sir0_88

観光後のちょっとした自由時間に、道行く人やオープンテラスのカフェでお茶をしている人々を眺めていると、イタリアって豊かだなあ、と改めて思いました。とてもおおらかに、明るく、知人や家族と一緒にいる姿が目に入りました。そして、イタリアといえば「食」、と思い浮かべる方も多いように、食事をゆったり楽しんでいる様子がよく見うけられました。レストランで食べる高級なメニューも、現地では是非試して頂きたいと思いますが、今回、フィレンツェの自由夕食の際にお客様と一緒に訪れた「市場」のフードコートが特に印象的でした。まだ改装されたばかりで新しく、新鮮な食材を使ってメニューを気軽に注文し、広いテーブル席で自由に席をとって食べることができますので、自由食の時はおすすめです。地元の方から、観光客までとても混み合っていて人気を集めているようでした。肉料理やシーフードのグリルなどはもちろん、パスタやピッツァ、デザートまで、種類が多く、そして安く美味しく食べられました。時間が遅くなるにつれ、イタリア人客で混んできました。いつも、わいわい、楽しそうな彼ら。と、イタリア人のイメージを勝手に想像し羨ましく思いながら、人物観察を楽しみました。世界に誇る芸術、文化を生んだイタリア、そういった豊かさが知らず知らずのうちに、彼らの中に流れ、余裕となって自然に表現されるのでしょうか。やっぱり、いいなイタリア!(帯津)

ユーラシア旅行社で行くイタリアツアー

| | コメント (0)

2016年5月 6日 (金)

7年に一度の祭!“御柱祭”

Dscn0902

先日、「“御柱祭”(おんばしらさい)観覧ツアー」より戻りました。日本全国津々浦々様々な祭りがありますが、希少なお祭りと言えば長野県の「御柱祭」が挙がるのではないでしょうか。御柱祭は、寅と申の年の7年毎にしか行われません。神事を司る諏訪大社は、全国の諏訪神社の総本社であり、諏訪湖の周辺に上社と下社に分かれ4箇所の境内地を持っています。七年に一度宝殿を建て直し、社殿の四隅にある樅(もみ)の木を立て替えるまでの一連を最大の神事「御柱祭」と言います。

御柱祭は、4月の「山出し」と5月の「里曳き」とがあり、今回のツアーでは、4月の「山出し」の「上社」の観光をしました。まずは、山から直径約1m、長さ約17m、重さ10tにもなる樅の巨木を8本切り出し、約20kmの御柱街道を、人力のみで曳く「曳行(えいこう)」の見学です。丁度、到着すると、タイミング良く御柱が通る所でした。次第に近づくにつれて、掛け声等も大きくなり熱気も帯びてきます。道が埋め尽くされる程多くの人々が掛け声を掛け合いながら巨木を曳きます。上社のみに付いているメデドコという木の先端がV字の部分には若い男性のみ乗ることが出来ます。大きな掛け声と共に旗を右に左にと大きく振り回し、盛り上げます。この日は、強風で砂埃もきつく寒かったのですが、そんなことを微塵も感じさせない程の迫力にただ圧倒されるばかりでした。 そして、翌日はツアーのハイライトとも言える「木落し」です。

Dscn1092

昨日曳行した巨木の御を次々と傾斜約30度の坂から約100m一気に下すのです。迫力ある木落としを今回は有料観覧席からじっくり見学して頂きました。木落としの時間が近づくと、人力のみで引かれた御柱が姿を現し少しずつ坂の手前に出てきます。御柱の前後のメデドコには、氏子達が乗ったまま木を落とすので、振り落とされやしないかと心配になります。御柱の前方が後方より重くなった時に木は一気に坂を滑り落ちるのですが、今回は「あと50㎝!」「あと20㎝!」といった具合になかなか木が下りません。私達も、今か今かとハラハラドキドキの連続で緊張も高まります。そして。。。諦めかけた約20分後のことでした!「ワーッ!!」と轟音のような大歓声の中、砂埃を立てあっという間に下に落ちていきました。ものの10秒間位の事であったと思いますが、私達には、スローモーションのようにも見えました。見学後も、暫くの間は興奮が覚めず祭りの余韻に浸ってしまいました。次のチャンスは7年後!大迫力の祭りは必見です!(井手)

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »