2016年7月 5日 (火)

ブルガリアのバラの祭典、カザンラクのバラ祭りへ

先日、「ルーマニア周遊とリラの僧院を訪ねる旅」より帰国致しました。今回のツアーのメインイベントはなんといってもブルガリアのカザンラク市で行われるバラ祭り。1903年から毎年、香油用のバラが一斉に咲く6月の第一週末に開催される歴史ある行事です。
バラ祭りでは、イベントが盛りだくさん。まず、朝のバラ摘み体験から始まります。ブルガリアのバラは、観賞用のバラより少し小ぶりながらも、香りは強く、バラ畑に入ると甘い香りに包まれました。思い思いにバラを積んでいき、積んだバラは持ち帰ることができます。私はその日の夜、お風呂にバラを浮かべて、優雅なバラ風呂を楽しませて頂きました。つづいて、バラ畑にて伝統衣装を着た地元の方々が、民俗音楽の演奏と踊りで歓迎してくれます。可愛らしい少年少女たちと一緒に踊ったり、記念撮影をしたりして交流を楽しみました。
カザンラクのバラ祭り
そして、クライマックスは市民総出のパレード。世界中から集まった大勢の観客の間を幼稚園生からお年寄りまで民族衣装等様々な衣装を身にまとった地元の方々が、闊歩していきます。このパレードで一番の見どころは、コンテストで選ばれた市内一番の美女「バラの女王」(下の写真中央の女性)。バラのように美しい女王に、皆様無心にカメラのシャッターをきっておりました。
カザンラクのバラ祭り
祭りの名の通り、素敵な香りのバラを楽しめたのはもちろんですが、活き活きとした地元の人々にもたくさん出会えたお祭りでした。(五島)

ユーラシア旅行社で行くブルガリア・ルーマニアツアーの魅力はこちら

|

ユーラシア旅行社のお祭情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。