2016年8月26日 (金)

絶景!フランツ・ヨーゼフ・ヘーエ

フランツ・ヨーゼフ・ヘーエ

先日オーストリアの添乗から帰国致しました。今回のツアーではアイゼンシュタットからウィーンの世界遺産と湖水地方をゆったり13日間で巡りました。
特に印象深かったのは、「フランツ・ヨーゼフ・ヘーエ」です。
オーストリア最高峰グロースグロックナー(標高3787m)を間近に見ることができる展望台です。ハプスブルク帝国最後の皇帝フランツ・ヨーゼフが訪れたことが名前の由来になっており、ヘーエというのは高原という意味です。
麓にあるハイリゲンブルートという村から向かいました。前日の予報は雨で心配しましたが、当日朝になると雲ひとつない快晴でした。グロースグロックナーの頂上もホテルから綺麗に見え、期待に胸が膨らみました。バスでホテルを出発し、山岳道路に入りました。ここからはバスの車窓から3000m級の山々の絶景が広がります。展望台に到着する20分間カメラのシャッターを押す手が止まらないほど綺麗な景色でした。
展望台の手前に到着すると、既にたくさんの観光客で賑わっていました。一番奥の展望台までは壮大な景色を眺めながら平坦な道を30分程進みます。しばらく進むと途中に観光客の人だかりが出来ていました。何事かと覗いてみると、なんとそこにはマーモットがたくさん草むらから顔を出していました!観光客の子供が持っているお菓子につられて出てきたようです。そのお菓子をあげると喜んでバクバク食べ出し、かわいい!と歓声が上がりました。人が手で触れても全く怖がらず、カメラを構えると心なしかポーズを決めてくれる。全員がカメラを撮り終わるまでいなくならずに待っていてくれる、人懐こく愛らしいマーモットでした。
一番奥の展望台につながる建物に入り階段を下って出口に出ると、グロースグロックナーと3000m級の白い雪山の絶景が目の前に広がりました!今回天気も快晴のままで空気はひんやりしていましたが、寒くもなく絶景を見るには最高の環境でした。集合時間ぎりぎりまでその景色を堪能できました。出発する時は何度も後ろを振り返ってしまいました。
(山下)

|

ユーラシア旅行社の西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。