2016年9月23日 (金)

何もしない島国、南太平洋にポツンと浮かぶニウエ(ニウエ)

先日、南太平洋のクック諸島とニウエの旅から戻りました。
クック諸島についてはよく知らなくとも、何となく想像できます。
有名なあのクック船長と関わりがありそうな、南太平洋の島かなと。

クック諸島は18世紀にクック船長が発見し、1956年まではニュージーランドの自治領でした。15の島々から成り立つ、南太平洋の島です。
タヒチとニュージーランドを結ぶ線上にあるので、先住民のマオリ系の人々はタヒチから
丸木船に乗ってクック諸島に立ち寄り、ニュージーランドへと向かいました。
ニュージーランドの先住民がマオリ人であることはよく知られていますが、
実は彼らの故郷はクックであり、タヒチであったのです。
タヒチからクック諸島までは何と1,260km。更にクックからニュージーランドまでは3,450km。
途方もない距離感。
島影を見ながら、島づたいに移動するならまだしも、水平線には島影も何も見えない、
未知の大海原に小さな丸木船(カヌー)で漕ぎ出す、その勇気には感服です。

さて、本題に入ります。
「ニウエ」ってなんでしょう?
既にタイトルで「島国、ニウエ」と書いてあるので「島国」と想像できますが、
恐らくこのヒントが無ければ、残念なことにニウエって、一体??
新しい食べもの??
昔の英雄の名前??
っていうぐらいに知名度は低いのではないでしょうか?
実はこのニウエもピッカピカの新しい国。
日本は2015年に独立国として承認しました。
ニュージーランドの北東2,400キロメートル、トンガの東480キロメートル、
サモアの南東560キロメートルにあり、島の周囲に砂浜は殆ど無く、ゴツゴツの岩石(石灰化した古い珊瑚が隆起した岩)の島が一つだけポッカリと海から突き出ているので、あだ名で「ポリネシアの岩」と呼ばれています。
人口は1500人足らず。
クック諸島のようにエメラルドブルーの美しい砂浜を楽しむクルーズ船もなければ、まだまだ観光も発展していないので華々しいマリンスポーツの誘いもありません。

イスを海に向けて並べただけの絶景カフェ

小さな磯でバチャバチャとシュノーケリングを楽しむくらいです。
おしゃれで洗練されたカフェないけれど、プラスチックのイスを並べただけのテーブル席の向こうには深い紺色の水平線が広がる絶景があります。
ボーっと海面を眺めていれば、かなりの確率で鯨の潮吹きを観察することができます。
ワイワイガヤガヤ楽しいナイトクラブやバーはないけれど、ふと夜空を見上げれば日本では滅多に見られない天の川、満点の星々が輝いています。
この素朴さ、何もないところがニウエのいいところです。
ここもかつてはニュージーランドの自治領だったので、観光客は殆どがニュージーランド人。自然の静寂をこよなく愛するキウイ(ニュージーランド人)にとってはぴったりのリゾートです。
我々日本人も、安らぎを求めて美しい南国の島々に出かけるものの、何かやらずにはいられなくなり、結局あれこれ手を出して、リゾート滞在も忙しくなりがちですが、
何もしないという覚悟を決めて、何もないニウエでのんびり過ごすのもいいかも知れません。
(上田)

ユーラシア旅行社で行く南太平洋のツアーはこちら

|

ユーラシア旅行社のオセアニア情報」カテゴリの記事

コメント

ユーラシア旅行社
上田様

お世話になっております。
上田様のブログを拝見させていただき、クック諸島にお越しいただいたことを知り、早速ご連絡しております。

私は現地旅行会社のTurama Pacific Travel Groupにて勤務をしております、岡崎と申します。昨年末に現地に赴任し、クック諸島ラロトンガにてお客様のケア、及び情報発信に従事いたしております。

太平洋の秘境として注目されている、クック諸島。今夏からはNZの羽田便就航に伴いオークランドでのトランジットが短時間でとても便利になりますので、この機会にぜひユーラシア旅行社のお客様もお迎えできれば幸いと思っております。

クック諸島に関してご不明な点、現地情報等ご必要な際はぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

今後とも、何卒、よろしくお願い申し上げます。

岡崎左希子


Sakiko Okazaki
Inbound Sales Manager - Japan
T +682 22026 ext 319
F +682 22036
E sakiko@turamapacific.co.ck

W http://www.turamapacific.com/
Turama Pacific Travel Group
Turama House, PO Box 240,Rarotonga, Cook Islands

投稿: | 2017年1月26日 (木) 06時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。