2016年11月29日 (火)

「天空列車、青海チベット鉄道に乗って、太陽の都ラサへ」

青海チベット鉄道の車窓からの景色

先日、10月18日発「青海チベット鉄道とヒマラヤ・エベレストを眺望 14日間」のツアーより帰国いたしました。今回のツアーは、西寧から出発して、2009年に完成した青海チベット鉄道に乗車し、全長1,956kmの旅を経て、太陽の都ラサへ向かうロマンあふれる旅です。

 

念願の青海チベット鉄道に乗車して、旅をする事に憧れを抱いている方も多いはずです。なぜなら、青海チベット鉄道の車窓から望む景色は、天候が許せば山脈の絶景の連続。チベットの旅行シーズンは、雨の少ない乾期の9月~5月。エベレストをはじめとするヒマラヤ山脈も、快晴率の高いこの時期がおすすめです。今回は、秋晴れが続く西寧の駅を20時30分に出発。そこからラサまでの、約22時間の列車の旅が幕を開けました。

 

午前7時50分頃、やっと周囲が明るくなり始め、チベットの朝が始まります。

その頃列車はすでに、11時間ほど走りゴルムドを過ぎ長江の源流とされているトト河が流れる周辺を走っていました。朝日に輝く河の源流が、この広大なチベット高原を流れ、やがてアジアで最長の大河となっていくのだと思うと大変感動的です。

そして、チベット鉄道の最高地点タングラ峠は、標高5068m。皆様、窓にはりつけになり、カメラを構えてなんとかタングラ峠にある駅の看板をとらえようとします。青海チベット鉄道は、基本どの駅にも停車せずに進んでいきます。ですから、駅の看板の写真を撮りたくてもなかなかその機会がないのです。今回、幸運にも列車はタングラ山脈の駅に近付くと徐行をしてくれました。カメラのシャッターモードを使って撮影するのがポイントのようです。

さらに、車窓を眺めていると、やがて世界で最も高所にある湖の一つであるツォナ湖や、標高7,147mの真っ白な雪を抱いたニンチェンタングラ、野生のヤクや羊の無数の群れなど、チベットの素晴らしい絶景が次々と現れ、私たちを飽きさせません。

そんな充実した時間を過ごしているうちに、22時間の列車の旅はアッという間に終わりに近づき、青海チベット鉄道の旅の終着地、ラサに到着です。駅に到着する前に、ラサのシンボルであるポタラ宮が遠望できました。

車内で到着を待つ間、「いよいよ明日は、チベット仏教の聖地のポタラ宮に行くんだね!」と会話を弾ませながら、私たちは明日からのチベット観光に期待を膨らませていました。(堤)


ユーラシア旅行社で行くチベット青海鉄道ツアーの魅力はこちら

|

ユーラシア旅行社の中国・モンゴル情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。