2016年12月20日 (火)

シチリア島アグリジェントで変わったヤギに遭遇(イタリア)

先日「アマルフィに連泊!南イタリア・シチリア紀行 10日間」より帰国致しました。
今回のツアーでは南イタリアとシチリア島の主要都市を巡るハイライトツアー、
その上、絶景で有名な青の洞窟にまで入ることができ、見どころ満載の10日間でした。
そんな中で、今回お客様たちの目線を集めたのは、なんとヤギです。

 そのヤギがいたのはシチリア島、神殿の谷で有名なアグリジェント。
神殿の谷でアーモンドの木やオリーブの木など見ながら、道を進むと変わったヤギを発見。
顔は普通のヤギなのですが、ふわっふわの長い毛を身にまとい、
強そうだけれどぐるぐる巻きで可愛らしい角が特徴です。

ジルジェンターナ

 

このヤギはジルジェンターナという種です。
ジルジェンターナとはアグリジェントの昔の地名で、この名の通り、アグリジェントの固有種です。
ガイドさんによれば、昔はとてもたくさんいたが、今は数がどんどん減って来ていて
なんと500頭ほどしかいない絶滅危惧種とのこと。
そしてそのほとんどを、アグリジェントの神殿の谷で保護しているとのことでした。
見たことのないヤギにカメラを向けていると、
向こうは慣れたように木で角を磨いたり、ポーズを取ったりアイドルさながら。

私たちもその姿に大盛り上がり。
今回は野原で休む沢山のジルジェンターナを見ることができましたが、
見られない日は人が通る道まで全く出てこないそう。
個体数が少ないうえ、1頭から取れる乳が少ないこのヤギから作るチーズには限りがあるが
とても美味と聞き、いつかは味わいたいと心に決めたのでした。(竜崎)

ユーラシア旅行社で行くシチリアツアーの魅力はこちら

|

ユーラシア旅行社の西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。