2017年1月12日 (木)

パゴダの町バガンで拝む2017年初日の出!(ミャンマー)

先日、年末・ゴールデン・ウィーク企画「全日空直行便で行くミャンマー紀行 7日間」の旅より帰国致しました。今回は、ミャンマーの最大都市ヤンゴン、インダー族が暮らすインレー湖、古都バガン、そして落ちそうで落ちないチャイティーヨパゴダを観光するハイライトツアーでした。
その中でもカンボジアのアンコール・ワット、インドネシアのボロブドゥールとともにアジア三大仏教遺跡に数えられる古都バガンは人気観光地のひとつです。イラワジー川中流の東岸に広がる平野に無数の並ぶパゴダはいつみても圧巻です。

バガンの無数に並ぶパゴダ

今回のツアーでは、贅沢な事にバガンで新年を迎え、2017年の初日の出を拝みました。元旦、まだ外が暗いうちにホテルを出発し、バスでパゴダへ。いつものように、入口で裸足になり、見晴らしの良い上階に上ると、ご来光を待ち望む人々が既にちらほらいました。

バガンの朝焼け

朝焼けを写真に収めようと、ベストポジションを確保し、今か今かとその時を待ち望みます。日の出が近づくにつれ、だんだんと地平線が赤く染まっていき、たくさんの気球もあがり始めました。ついにその時はやってきて、雲海から太陽が顔を覗き出しました。

バガンの初日の出

素敵な景色にうっとり…そして、息つく暇もなくバガンの町を朝日で照らし出す幻想的な風景にシャッターを切る手が止まりません!日の出を待つ時間は長く感じましたが、朝日が顔を出してからはほんの一瞬でした。有難いご来光を拝めた2017年はどんな年になるか今から期待で胸がいっぱいです。(大和田)

|

ユーラシア旅行社のアジア情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。