2017年3月16日 (木)

ヒンドゥー教の原点、愛の世界遺産へ(インド)

先日、「魅惑の北インド周遊と宮殿ホテル 9日間」の添乗より、帰国致しました。
このツアーでは、世界遺産が点在するデリー、アグラ、ジャイプールのゴールデントライアングルやインドの聖地ベナレスまで足を運びます。9日間を通して、インドのヒンドゥー教、仏教、そしてイスラム教が混在する異文化や混沌としたインドの日常を体感しました。今回は、インドの世界遺産の35か所のうち9か所にご案内しました。
その中でもインドには「愛の世界遺産」があることはご存知でしょうか。
「タージ・マハル」は、言わずと知れた「愛の世界遺産」です。
タージ・マハルは、イスラム教国ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが愛妃ムムターズ・マハルの死を悼み、愛する王妃のために建てられた白亜の廟です。シャー・ジャハーンは、タージ・マハルの対岸、つまりヤムナ河を挟んでタージ・マハルの一直線上に、自分の廟として黒大理石の廟を建てようとしていました。しかし、実の息子に囚われてしまい、夢半ばでこの世を去りました。そんな愛し合う二人は、今ではふたり並んでタージ・マハルに眠っています。世界中の人々がその美しさに魅了されるタージ・マハル以外にも「愛の世界遺産」があります。

カジュラホ寺院

それは、アグラから約410キロ離れたカジュラホ村の「カジュラホ寺院群」。これぞインドというようなバイクが行き交う光景はそこにはありません。(もちろん牛は道路の真ん中にどっしり腰を下ろしています。)
カジュラホ寺院群は、10世紀半ばから12世紀半ばごろに建てられたヒンドゥー教の寺院群です。創造と破壊の神・シヴァ神の象徴「リンガ」を祀っているカジュラホ最大の寺院「カンダーリヤ・マハーデーヴァ寺院」(西群にあります)をはじめとする寺院が点在しています。カジュラホ寺院の魅力は何と言っても壁面の彫刻の数々。砂岩でできた寺院の壁面には、官能的な彫刻が施されています。インドでは「カーマ・スートラ」という4~5世紀にかけて誕生した古代インドの性愛論書があります。カジュラホ寺院はまさにこの「カーマ・スートラ」の世界観を体現した寺院です。ミトゥナ像(男女交合像)の緻密な彫刻は世界中でここでしか見ることはできません。今回のツアーでは、カジュラホ寺院を背景に、インド古典舞踊「カタックダンス(シヴァ神の踊り)」もお楽しみいただきました。

カジュラホダンスフェスティバル

ヒンドゥー教の教義は奥深く、この宇宙全体は神が創り上げたと考えられています。
その神様とは、創造と破壊の神・シヴァ神とその妻のパールヴァティ。この2人によって宇宙全体、この世界、社会が生まれたと考えられます。つまり、この世界はすべて愛によって成り立っていると言えるのです。
ヒンドゥー教の教えによる、インドの原点を感じることができました。(角田)

インドツアーの魅力はこちら

|

アジア情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。