2017年3月22日 (水)

マヤ文明を極める旅 ~肌で感じるホンジュラス~

神聖文字の階段/コパン遺跡

   先日、「古代マヤ文明を徹底的に極める旅 15日間」の添乗から帰国しました。今回はマヤを“極める”と題しまして、中米4か国に点在する遺跡を訪ねました。苔むした未開の遺跡、乾いた大地に突如現れる遺跡、密林の奥に眠る遺跡。個性ある遺跡巡りは15日でも足りないほどです。
 中でも今回ご紹介したいのは、ホンジュラスを代表するコパン遺跡です。グアテマラとホンジュラスの国境地帯で5~9世紀前半に栄えたこの都市は、8世紀に通称“18うさぎ王”のもとで最盛期を迎えますが、この時代に従属都市であったキリグアに攻撃され、王が斬首されるというドラマチックな歴史があります。また、歴代の16人の王が刻まれた祭壇や、2500ものマヤ文字が書かれ、マヤ文字の解読に一役買った神聖文字の階段が発見されるなど、マヤ文化史においても欠かせない遺跡でもあります。観光中も、「偉大な王なのに、なぜうさぎなんて小さな生き物の名前がついているのか」などお客様の議論も盛り上がりました。(ちなみにガイドさんによると、これは生まれて初めて見た生き物が守護動物になる、というマヤの考え方に沿って名前を付けたのではないかとのことでした。)

カラフルなコパンの町並み グアテマラからは特別出国スタンプ1つで行けるため日帰りの外国人観光客が多いコパンですが、日本からの観光客は非常に少ないのが現状です。というのも、ホンジュラスは数年来、外務省の渡航危険情報が周辺国に比べ高いままだからです。しかし、今回訪れたコパン遺跡や観光拠点となるコパン・デ・ルイナスの町の雰囲気は穏やかそのもの。陽光降り注ぐカラフルな町並み、広場で歌う人々、果物売りのお母さんの笑顔。行ってみてわかる、人のあたたかさがあります。もちろんユーラシア旅行社では、ツーリストポリスに同行を依頼し、万全を期しています。観光中も、レストランまでの移動中もそっと私たちを見守ってくれます。昼食中もずっとレストランの外に立っているという生真面目さ!(余談ですがホンジュラスの人は非常にまじめで、移民大国アメリカでも真面目で温厚な国民性は働き手として好まれるそうです。)

 今回私たちが訪れたのはコパンだけですが、このような人々に触れるにつけ、いつかもっと多くの日本人がホンジュラスという国を訪れる日が来ることを願っています。(松永華)

ユーラシア旅行社で行くホンジュラスツアーの一覧はこちら

|

中南米情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。