2017年6月28日 (水)

エメラルドブルーの美しいプリトヴィツェ国立公園でクロアチアの自然を堪能!

先日、スロベニアとクロアチアの11日間のツアーより帰国しました。このツアーでは、まずスロベニアから入り、2つの鍾乳洞を巡ります。ポストイナ鍾乳洞は、トロッコが洞窟を駆け抜けるスリリングな体験がして頂けます。シュコツィヤン鍾乳洞はユネスコの世界遺産に登録されているヨーロッパ最大級の鍾乳洞です。その後クロアチアへ。イストラ半島もしっかり観光して、クロアチアの細長―い国土を南へと下っていきます。途中、ボスニア・ヘルチェゴビナを通り抜け、アドリア海の真珠と呼ばれるドブロブニクへと抜けていきます。今回は天気にも恵まれ、ツアーを通してアドリア海の美しいブルーを楽しむことができました。
中でも、思い出深い美しい自然が広がっていたのがプリトヴィツェ国立公園です。こちらも世界遺産に登録されています。今回のツアーでは、国立公園の敷地内のホテルに2連泊したので、1日かけてじっくりプリトヴィツェの自然を堪能できました。
まず午前中は下の湖群を目指します。園内を走るバスを降り、砂利道と木の遊歩道を進んでいきます。下まで降りると360度にエメラルドブルーの湖!

プリトヴィツェ国立公園の湖

辺りをひらひらと飛ぶ、胴体の青いハグロトンボが水のきれいさを証明しています。そして上を見上げると大きな滝!この公園内で最も大きな滝で落差は78メートルあります。皆様で水しぶきを浴びて、午後のハイキングに向けて英気を養います。午前中の道は、割と平坦な道が多く、皆様元気に歩き切りました。

そして昼食にチキンステーキを食べ、いよいよ午後のハイキングスタートです。午後は、上の湖群を登っていきます。歩けるか心配な方はご心配なく、自然を満喫しながらゆっくり進んでいきます。
上湖群は、下湖群よりも動きのある自然で、湖とたくさんの滝が次々と目の前に現れます。ここプリトヴィツェ国立公園には、全部で16の湖と92の滝があります。上湖群は下湖群よりも透明の透き通った湖が多くなり、また違った自然が楽しめます。
だんだんと進むにつれて登りがきつくなってきます。そんなときは深呼吸。マイナスイオンで疲れた身体を癒してまた歩きます。そしてとうとう一番上の湖に到着!ここに広がる湖は日本語に訳すとガマ湖と呼ばれています。その名の通り、ガマが一面に生い茂っています。そして今回は、ガマに隠れて子育てをする親ガモを見ることができました。
絵本のような景色に癒された後は、バス停にあるアイスクリームをぺろり。そして再びバスに乗り込み、ホテルへと戻りました。(松永美)

ユーラシア旅行社で行くスロベニア・クロアチアツアーの魅力はこちら

|

中欧・東欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。