2017年6月27日 (火)

初夏限定の風景探しinスペイン

 

トレド大聖堂


 先日、「華麗なるスペイン紀行 10日間」のツアーから帰国しました。首都マドリッドから南下し、アンダルシア地方を巡った後に飛行機でバルセロナへ。道中、様々な場所で初夏ならではの光景に出会いました。
 まずはスペインの京都ともいわれる古都トレド。6月15日に行われるキリストの聖体祭に向けて街全体で準備が行われていました(私たちが訪れたのは5月末)。聖体祭は復活後に地上にとどまっていたイエス・キリストが天国へ帰っていったとされる、毎年イースターより60日後に行われるお祭りです。お祭り当日には大聖堂の宝物室に保管されている金・銀・宝石類が散りばめられた重さ370kgの聖体顕示台を担ぎ、トレドの街中を2.5km練り歩きます。私たちがツアーで訪れた時には既に、そのルートに天蓋用の布が張られていました。
 次にコルドバ。ゼラニウムの花がきれいに咲く花の小道を通りました。通り自体に花の小道という名がついていますが、コルドバはこれからどんどん気温が上がり、一番暑い日には50度近くになることあります。そんな時にはさすがにお花も枯れてしまい、名前負けの通りに・・・。この通りの一番の見どころは、振り返るとメスキータのミナレットが正面に見えること。メスキータとはスペイン語でモスクという意味ですが、レコンキスタ完了後、イスラム教のモスクをそのままカトリックの大聖堂に改築したという面白い歴史があり、イスラム教とキリスト教が混在した世にも珍しい建物となりました。このミナレットも現在では大聖堂の鐘楼になり、白壁に赤やピンクのゼラニウムが咲く小道の雰囲気と相まってベストショットが撮れます。ちなみにお花の水やりはお役所の仕事なのだそう。

ひまわり畑


 そして最後に、バスでロンダからセビージャへと向かう途中に咲き誇っていたアンダルシア名物ひまわり畑。右も左も一面黄色で、青い空とのコントラストが映えます。コルドバもそうですが、アンダルシア地方で本格的な夏が到来すると基本的に40度越えも珍しくなく、お花も枯れてしまう程の暑さになります。オイル用として育てられるひまわりも例外ではなく、よって短い初夏の時期にしか見られないこの季節限定の光景となるのです。今回はドライバーさんに頼んで、道端でバスを止め、満開のひまわり畑を貸し切りで記念撮影。これからの季節、どんどん暑くなるアンダルシア地方もギリギリ快適に観光出来て良かったですねと談笑しながら、一路バルセロナへと飛行機に乗り込みました。(日裏)

ユーラシア旅行社で行くスペインツアーの一覧はこちら

|

西欧・南欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。