2017年7月 6日 (木)

世界三大美術館の一つ、エルミタージュ美術館を見学(ロシア)

先日、「JALで行く 黄金の環とロシア二大帝都 9日間 」の添乗より帰国しました。
モスクワとサンクト・ペテルブルクでは5つ星ホテルに3宿泊し、黄金の輪も訪れるゆとりのある旅です。

今年4月に東京-モスクワ線就航50周年目を迎えた日本航空にてロシアの首都モスクワへ。
日本航空のエコノミークラスは先日「ワールド・エアライン・アワード」で、全世界の航空会社のエコノミークラスシートの中で最も優れているとして
「ベスト・エコノミークラス・エアラインシート」を受賞し話題となっております。
ゆとりのあるシートピッチで機内エンターテインメントも充実しており約9時間の飛行時間もあっという間に感じてしまう程、とても快適な空の旅。

モスクワで乗り継いで北のベニスと称されるロシア第2の都市サンクト・ペテルブルクへ向かいます。


サンクト・ペテルブルクでは世界三大美術館の一つエルミタージュ美術館を訪れ、館内をたっぷり約5時間かけて見学しました。

エルミタージュ美術館は大変人気な観光地の為、入口は長蛇の列...!入館後まず訪れたのは遊牧騎馬民族スキタイの古代黄金コレクションや世界各国の使節団からの献上品などが収められた黄金の間。
こちらは特別室の為、一切写真を撮る事が出来ないのですが、眩い展示品の数々に思わず溜め息が出てしまいます。

黄金の間を見学後、階段を登り2階へ。エルミタージュ美術館のまわり方は色々あるのですが今回は有名な孔雀のからくり時計のあるパヴィリオンの間を含む、宮殿の装飾美術を見た後、
カフェでの昼食休憩挟んで午後はラファエロやレオナルド・ダ・ヴィンチといったイタリア美術やオランダ美術などを見学。
その後、旧参謀本部の別館へ移動しマティスやルノワール、ゴーギャンなどの印象派の作品を鑑賞しました。

アンリ・マティス作ダンス
最後に訪れた別館は時間帯も良かったのか丁度空いていて、まるで貸し切り状態!
有名な作品の数々をゆったりと見学する事が出来ました。中でも一番印象的なのがアンリ・マティス作のダンスです。
大きなキャンバスにダイナミックに描かれた作品は迫力満点でした。 (鈴木)

ユーラシア旅行社で行くロシアツアーの魅力はこちら

|

中欧・東欧情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。