2017年8月15日 (火)

中央パンタナールで幻のジャガーに会いに!(ブラジル)

幻のジャガーを発見!
先日、「レンソイスの白砂漠と大湿原パンタナール、ジャガーサファリ、ギマラエス高原 14日間」のツアーより帰国しました。今や世界の絶景の常連でもある真っ白い砂漠にブルーのラグーンが点在するレンソイスや生命の楽園、パンタナール。知られざる場所として注目の“南米のへそ”、ギマラエス高原など、そこは日本の23倍のブラジル。掘り出せば?まだまだ出てくる魅力的な観光地の数々。そんな中で今回はユーラシア旅行社では既にお馴染みのパンタナールで新たなる観光が加わりました。その名も“ジャガーサファリ”!
パンタナールは言わずと知れた世界最大の湿原です。一年の中で変化するその水位の増減が沢山の種類の魚類を育み、その無数の魚たちが無数の鳥類を惹きつける“鳥の楽園”。そんな楽園に獰猛なジャガー!?
 
ジャガーは世界でもライオン、トラに次ぐ第三位の大きさをもつネコ科の動物。古くから先住民の間では神聖視されてきた彼らは正にアマゾンの王者!幻の動物とも言われ、その姿を目にすることは難しいとされているジャガーですが、北と南パンタナールの間にある人里離れた中央パンタナールの密林の川にここ数年出没。にわかに人気を集める知る人ぞ知るジャガーサファリですが、果たして出会うことが出来るのでしょうか?期待を胸にボートはいざ出発!
 
クイアバ川で早速ジャガー探し。他のボートの船頭さんとの無線でのやり取りも手伝い次々とジャガー目撃情報があり、にあっちへこっちへボートを飛ばす。するとアフリカのサファリでよく目にするライオンに群がるサファリカーさながら沢山のボートが目の前に見えてきました。そのボートの群れに期待が高まる!大きなカメラの先に目をやると、そこには一匹のジャガーが。座ってじっとこちらの様子を伺うジャガーとしばしにらめっこ。突然、立ち上がったと思ったらいきなり川に入り泳ぎだした。「えっ?ジャガーは泳げるの?」そう、ネコ科には珍しく泳ぎが得意なジャガーは水を怖がるどころか水の近くに生息することが多く、よってこのボートサファリが成り立つのです。
ボートサファリでジャガーに遭遇!
その後もゆっくり川岸を歩くジャガーや、カピバラを襲い、逃げるカピバラを追って川へ飛び込むジャガーなど野生の王国を生で見る事が出来、終始興奮のサファリ。幻のジャガーで終わらなくて良かった!と胸をなでおろしたものでした。
 
そして私は再びジャガーの地へ行ってまいります。ジャガー達よ、またひとつよろしく頼み?ますね。(岩間) 

|

中南米情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。